Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにAUS出身の彼と移住(ワーホリビザ)。パートナービザ申請準備中。

話す気をなくさせる人

基本的に人のせいにはしたくない。
しないように注意している。
すべて自分に原因がある。

が、話をしていて、とたんにその気がなくなる時がある。
ある人の意見にたいして自分がそうではないとおもったとき。
とくに、記憶をもとにしたこと。自分は記憶力はわるくないとおもっている。
けれども、自分も間違えることがあるのを理解しているので、また、さっきも書いたように、自分の意見には自信がないので、強く否定はしない。
なので、軽く、「違うと思う」とでも言おうとすると、即座に「でもこれはこうこうこうで〜」と感情的に反論される。わたしはあなた自身を否定しているわけではない、その意見とは別の意見を持っているだけなのに。
こういうことが続くともうその人と話すときはぜんぶてきとうにうなずいて流すしかない。もちろん話はちゃんときいてるし、自分の意見も持っている。心の中で。こうして自分の意見は永遠に封印されてしまう。その人自身も永遠に反対意見を聞き入れることはない。
なにも意見をあらためよ、と言っているわけではない。「こういう考えもあるよ」ただそれだけでいいのだ。
ほんとうにその人に対してはわたしは何もいえなくなった。嫌いとかではない。話をするのはこの人ではない、と自動的にプログラム化されてしまっただけ。
もしかして言い方の問題なのか?
後味がわるく終わるたびに、ほんとうに、自分にはコミュニケーション能力がないのだな、と落ち込む・・・

もうわたしは何もいいませんよ。。。



あは、なんか暗くなってしまった\(^o^)/
でも話す気をなくさせる人は損です。。。ずっとそのままでいいの?わたし何もいわないよ(^q^)
反論されなくなったらおしまいだな、と思う。もしかしたら自分もそういうふうに思わせたことがあるかもしれない。気をつけよう。

広告を非表示にする