Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにワーホリ。※ブログ改装中

あとでわかるってこのことか


さいきんいろいろ“生きやすく”感じるのって、自分の考え方とか構え方がかわっただけじゃなくって、
いままでのいろいろがあったからなのかも。っておもう。

人間は物事に自分の気持ちを投影するらしいので、
なにがどう見えるか・どう映るかも自分次第なのですが
たぶんそれだけじゃない。
(たとえば、だれかの発言を嫌味にとってしまうのは自分が気にしてるからだったり。もちろん発言主はそういう意図がない。あとは〜同じ景色でも気分次第で違うように見える。=気分を投影してるから)

とりあえず自分の当時の考え方とかは一旦おいといて、
昔はいろいろいやなこともあったし、いっぱい自己嫌悪したし、泣いたし、つらかった。
いっぱい怒られた。
大人になるにつれて、アドバイスはありがたく聞けるようになったけど、やっぱり耳が痛いこともいっぱいあった。

当時はそれが理解できなかったけど、
いま振り返って考えてみると、そういうことって今のためっていうか未来のためにあったんだな〜
っておもえる。
うまく処理する方法を身につけたり。
とらえかたをかえられるようになったり。
とにかくちょっとやそっとじゃすっごく落ち込むことはない。
ネガティブ期間も必要だったんだね、って思える。
いまはポジティブだけど(^q^)
なんでもバランスですね。

そういえば。
ユダヤ人大富豪の教え(ふたたびアメリカへ編)」で書いてあったことがあって、
すごく簡単に説明すると、
ある人が超ポジティブだと、周りの人たちがバランスをとろうとして超ネガティブになるとか。
たとえば、社長がワンマンだと社員が弱くなるとか。そこで社長が力をぬくと、バランスがとれてお互いいい関係になる。

話もどりますが、
いろいろしんどいことを若いうちに経験できてよかったな〜っておもいます。
(あ、そんなたいしたことないけど。まだ甘いとはおもうけど。)
とはいえ2度と経験したくはありません。

もしつらいことがあったら、こんなふうに未来の視点で考えられたらいいのかもね。
よかった確認。
参考:よかった確認 - Chikirinの日記
(ちなみに、すごい発想がおもしろくて、いろいろ勉強になるブログです。)


今の研修も、すごい厳しいってきいたから、どんなもんかとちょっとこわいところもあったけど、
なぜそこまでするか理解できるし、というか全部納得してできるから(押しつけがましくないし)
ぜんぜんたいしたことない。
いろいろ言ってもらえるのもうれしい。

今日、ある人に、「いつも冷静だし頭の回転はやいね」って言ってもらってうれしかった\(^o^)/
本人はそうおもってないんですけど。。。\(^o^)/笑

前に、なにしても認めてもらえなくて、怒られてばっかりだったときに、
「あなたは素直だね〜」と他の人に褒めてもらったことがあってうれしかったのを思い出しました。
あまりにも怒られ慣れてると、自分はだめだとおもいこむからね。笑


なんかうまくつなげるつもりだったのにつなげられんかった\(^o^)/しらん!笑
おわり。

広告を非表示にする