Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにワーホリ。※ブログ改装中

8.非日常な日常。

おーじーが恋しいです(^q^)
ぜったい次はもっと長く滞在しよ。
そしてユースホステルならケアンズにしよ。(国内でNo.1のきれいなところがあるらしい。)

というわけでひさしぶりに更新。まだあきらめてないぞ!(^q^)
読んでくれる人いるかしらんけど!笑 (見てくれる人ありがとうございます!)

そんな日がたっててよーおぼえてんなーって?
絵日記があるんですよーふふ。しかも案外思い出せるもんですね。。

――

ヨガおわってから、ホステルで優雅な朝食。(しかも質素。w)

あんまり大きい街ではないので一日もあれば歩きまわれます。ビーチは徒歩圏内。芝生もいっぱい。そんなバイロン\(^o^)/

というわけでほぼやることなくなります。名物は灯台。。。

今回あえてガイドブックはゲットしなかったわたし。
あったら便利だけど、なくてもビジターセンターとかでいっぱいチラシもらえるし、聞けるので必要なかったです。フリーでみやすい地図つきのガイドブック的な冊子もいろんなとこおいてたし。そういう旅の仕方も、ほんとに散策してる感じでたのしい。

この日はファーマーズマーケットにいってみました。
毎週木曜日の8-11時に、広場でいろんな屋台とかお店が出されて、人でにぎわいます。
お祭りみたいな雰囲気で、真ん中で子どもたちが歌ってたり、大人もなんかパフォーマンスしてたり。(主に歌。)
オーガニックコーヒー、直売の野菜、自家製チーズ、花、など…
健康的なものがたくさん!
野菜はスーパーより安いらしい。どっかにかいてあった。
たしかに安かったけど、あまりたくさん買えないしもってかえるのも面倒なので、結局パイをかいました。
キッシュみたいな。オリーブとほうれん草のパイ。
「これくださ〜い。」っていうと、おじさんが、「これ?ひとつでいいんだね?」とすてきな笑顔で応対してくれました。なんか帽子かぶってた。
こういうのたのしい〜ほんと。非日常な日常。

メインストリートからビーチにでて、ひとりでピクニック。さっき食べたのにまた食べる。ひとつ完食する。
10cmほどのおおきさでお腹いっぱい。おいしかった〜。オリーブすき。

午前中ということもあって、人はまばら。しばらくぼーっとしながら、ファッションチェックしたり、笑、とりあえずぼーっとしてた。笑 なんて贅沢な時間。気付いたらまた足だけ日焼けしてるよ。あちち。
(ぺたんこの靴で足の甲だけ日焼けする。何年か前にNZ行った時もおなじような靴で同じように焼けて、裸足になったとき不自然な焼け跡っていう。)


そして街の服屋さんを物色。
けっこうかわいいお店あるよ!お値段もお手頃。
色とかがすごい好みだった。マキシ丈のワンピ。けど長さがね。あれぜったいずる(ひきづる)わ。\(^o^)/
ここでも、お店の人が、ちゃんとわたしをみて「ハロー!」っていってくれるのがうれしい。
(だって日本だとたいてい、空間にむかって、いらっしゃいませーってゆうでしょ!)

(とかいいながら、買わないっていう。w)

ひととおりみたあと、帰りにスーパーによることに。
ふつうのおっきいスーパーが、一件あって、なんでもそろいます。(買う必要なかった食器も!w)

はじめてきたときに、レジのおばちゃんが無愛想やったから、そこまでなにも求めてなかったわたし。(海外ではそれがふつうというらしい。)
なにもかんがえずすいてるレジに入ると、女の子がパッて明るくなって、
"Hello! How are you?" にこにこ。
かわいー。
レジをすませると、"Thank you! Have a nice day dear!"
だって!
こちらも、ありがとー!と行って気分よく店をでる。

しょーもないようみみえるけどこういうのが楽しいんです\(^o^)/
笑顔は伝染するっていうけど、ああいう子に会ったらほんとその通りで、それだけで一日うきうきするっていうか。
おっさんか自分。w
変態w

そういうの見習いたいなーっておもいます。

広告を非表示にする