Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにAUS出身の彼と移住(ワーホリビザ)。2017年8月パートナービザ申請。

なまってるねん。


------------------------------------------------------
☆お知らせ☆
新しいブログはじめました!こちら→ Live to Love
------------------------------------------------------------

なまりってかわいいよね。

英語でもいろいろなまりがあるけど、おもしろいなっておもいます。

インド英語とかすごいらしいけど。本物は聞いたことないですまだ。

タイなまりの英語はわかる自信あります。友だちにタイ人がいるから。

時々タイ語とりいれて、"〜na(な)"っていうのがかわいいです。

タイ語では「な」がやわらかくて丁寧になるらしいです。あと「ら」とか。
たまいらthammai la!=なんでやねん!らしい。あやふやですみませんまにうけないでね。

あと「5」はタイ語で「はー」というので、「笑」のかわりにつかわれます。

555=ははは。

その友だちとずっとはなし(チャット)してると、他の人と英語でチャットするときもつられて「555」といれてしまいそうになります。555
便利です。

ちょっとそれた。あと、plの「L」を省略するので、placeがpaceにきこえたりする。
「魚」のことをplaaというんですが、ぱーときこえます。

そういう特徴さえわかれば余裕です。

そうそう、このあいだ、バーで話してたときに、スウェーデンの人がいたけど、オーストラリアでも何人かその国出身の人にであったので、なまりがなつかしいなーておもいました。やっぱり特徴あります。でも一人はイギリスに数年住んでるそうで、きれーなブリティッシュイングリッシュでほれぼれしました。かわいいしフレンドリーだし。(^q^)(また彼らについては旅行日記に後記予定。)
いや、なまりがあるとはいえ、彼らはすっごいオランダ人並に英語うまいんですけど。ちなみにオランダの人ともしゃべったことありますが、けっこうネイティブ近いです。すごいね。

どんなふうかっていうとうまく説明できないんですが。その言語しらないので。。でも聞けばわかります。
ちょっとあいさつとかなんていうのか聞いたけど、発音がむずかしいですね。わたしが勉強してる言語と共通してなさそうな音なのでなかなかつかめません。でもちょっとかわいい。

どうしてそんなにそろいもそろって英語できるのか、聞くところによると、テレビは吹き替えでなく字幕なので子どもの頃からスウェーデンやオランダの人たちは英語に慣れ親しんでいるそうです。
ちなみにわたし吹き替えきらいです。テレビが吹き替えでやってると「もうっ!」ってなります。
そういうときは字幕あきらめて副音声でみます。


といろいろなまりについてはなしてみましたが、
とかいいながら自分もかなしいかな、”ブリテッシュ”(Britishの意)に憧れつつも習ったのはアメリカ英語なので中途半端で、でもどっちつかずなじゃぱにーずなまりですが。\(^o^)/あは。
矯正するもん!

広告を非表示にする