Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにAUS出身の彼と移住(ワーホリビザ)。2017年8月パートナービザ申請。

やりたいからやる


------------------------------------------------------
☆お知らせ☆
新しいブログはじめました!こちら→ Live to Love
------------------------------------------------------------

9歳の子供が作ったダンボールのゲームセンター « クーリエ・ジャポンの現場から(編集部ブログ)

感動しすぎてここでもシェア。
ある男の子はゲームセンターが大好きで、夢中になって自分でダンボールでアーケードをつくっていました。
いろいろ工夫して。
そしてお客さんをくるのをまっていたのですがなかなかこない。
が、ある時第1号のお客さんがきます。
その彼は映画製作者でショートフィルムをつくってネットでお客さんをつのることになりました。
すると大反響。たくさんのお客さんがあつまり、実際に彼のアーケードで遊びました。

ぜひ動画みてみてください。


もうねえ。
わたしこれみて泣いたんですよ。\(^o^)/
涙腺おかしい。
最初はいいなあーってにこにこしながらみてたんだけど。



単純に何か夢中でやってる人って心動かされる。

いや、でもほんとなんか見てるだけでうれしくなる。ていうか映画のとりかたもうまいんだきっと。

すっごい工夫してあって、スタッフTシャツも自分でつくったりして(しかも自分ひとり)UFOキャッチャーもつくって。
想像力とクリエイティビティがすごいなあっておもいます。
でも一見ダンボールはダンボールなんです。
わたしもよく子どもの頃ダンボールとかでなんかつくってたよ。いやこんなたいしたことないけどもちろん。
子どもってだれでもつくったりするやん。
でも「ちらかさんといて」とかいわれるのがオチ。
なにがすごいって、こういろいろつくるこの男の子を自由にさせてるところがすごい。結構場所とってるよ?
もちろん広いんだけど、なかなかそこまでつくるのもむずかしくないかい?

みてるとすごいひきこまれる。よくそこまで夢中になれるなあ、とかそんなアイデアどっからわいてくるん!とか。。。

フリーパスが有効かどうか確認する暗号も計算機で確認できるしくみをつくったりね。。

よくやりたいことがわからないっていうときもあるやん。
でもそれって実際なんもやってないからわからない。

この子はたぶんお客さんよんで稼ぐってゆうよりは作るのとかアーケード自体が純粋にすきで「やりたいからやってる」んだとおもうんだよね。

いや、むしろおこずかいのためにやってたらもっとすごい。

「金持ち父さん〜」ていう本で今あるものから収入(おこずかい)を増やすっていうエピソードあったけど、なかなか日本ではそういうふうに考えられへんな。
なんとなくお金は自分でつくるっていうより自分がかわりになんかして対価をもらうっていう感じがする。与えられるのをまっているというか、、とにかくどこかに雇われなあかん。
もちろんなにをするにしても対価ではあるんだけども。
なんていうんかな〜
すくなくともわたしはこうおもいます。自分からつくりだすっていうほうがむずかしい。


大人はこういう子どもたちをもっと応援したほうがいいとおもうんだ。
ていうかわたしがそうしたい。

どこかで、ほんとかどうかしらんけど、ある学校で、宿題ドリルを自分でぜ〜んぶやってきた子がいて、範囲以上かなり多くやってきて、それを見た先生は決められたところ以外をやってるっていう理由でぜんぶ消させた(せっかくやったのに!)とか。
これっておもいっきり先生の都合やん。ドリルおわってしまったらこれ以上だす宿題がなくなる、とかこの子一人だけ別扱いできないとか。。もちろんその先生の考えがあってそうしたのは理解する。でもわたしはこうおもう。かわいそうに、この子はもう才能の可能性ちょっとつぶされたよ。これがなにくそーってなる場合もあるけどね。
ちょっとソースわすれたのであれですが。。たしかツイッターでみたけど。
でもこういうことってすくなからずあるとおもうんよな。
なんか余計にやろうとすると優等生ぶってるっておもわれるかなーとか。

たぶん自主的にふやすのはいいことだって知ったのは大学はいってからのきがする。
いままでは与えられたとおりの宿題をやってた。けど大学では逆にどんどんやったほうが評価あがる。レポートも多いほうがいいしとにかくどんどん自分のもってるものをだすと認めてもらえる。
出し惜しみしない。
もちろんいつでも多いほうがいいとは限らない。どれだけシンプルにするのかを考えるのも大事。でもそれはまたべつの話だ。


今日わたしは小学生の子どもたちを教えたのですがすごい向上心がある子がいて、感心しました。もっとやりたいと。宿題やりたければどんどんやるようにいいました。やってこないのは困るけど、自分でふやすんだったらどんどんふやしてほしい。そのぶん学習する機会がふえるから。

この子はのびるな、って確信しました。すっごいたのしみです。
ただ、その子ばっかりに注目してしまわないように気をつけないとな、とは思いますが。



やりたいことをやってる人って無条件で応援したくなる。
それはきっと自分がそうなりたいから。

さっきのドリルの話みたいに自主性をだめにするんじゃなくてどんだけしょうもないようにみえたとしても夢中でやってる子にはどんどんさせたらいいとおもう。できる限り。たぶんなんか悟ったりすることもあるんだとおもう。


ていうかわたしなにゆってるんやろ。つかれてるな。笑 テンションたかいわw


そうそうこれからのテーマは応援すること。
今まで自分はさんざんもらってきた。たぶんそろそろ与える側にまわったほうがいい。
時々そういうことを考えます。。。
というか与えるとさらに与えられます。


ほんでhow's it going so far?

さっそく自分のクラスがはじまったわけなんですが。

もうね、というかいま寝不足で今日ここまでおきてるつもりなかったんだけどw

一回目はもうテンパって、まあデビューした時ほど心臓ばくばくもなかったんだけど、代講だったらぜったいしないミスとかしてしまってやっぱり内心緊張してたんかなっておもいました。
わたしと生徒お互い慣れてないのもあって、準備通りすすまないし、なかなかおもしろくするのもむずかしくてでも時間はあっというまにすぎ、、やっとおわったもののなんかもやもやがのこり、、
ほんと生徒さんに救われてる。いい人たちばっかりでよかた\(^o^)/スタッフもみんな。
じつは自分のほうが教わってるっていうね。

それで夜遅くにかえってきて、なんかどっとつかれてペットボトル一本ほぼ一気にのみほすわ、(教える仕事してると休憩のとりかたがわからなくて基本ぶっとおし笑)家ついてすわるともう立つ気力もなくしばらくぼおーっとして、やっとお風呂はいって湯船で一瞬気を失い(寝ただけ笑)いやいやはよおきて準備しないと!とでて、重いまぶたを一生懸命あけながらかろうじてプランだけたてて、2時くらいに寝て、次の日6時おきようとおもったけどなかなか起きたくなく、(ほんといつもは起きれないんだけどこのときは起きたくなかった。)やっと7時前におきて準備してごはん食べる間もなく2時間後に家をでて駅でカロリーメイトかってたべて電車でこっそり準備して。これでも前の日に半分くらい準備してたけどたりないたりない。

自分でおもいました、これじゃあかわってない、また追われてる!と。
でも矛盾なんですがすっごいはかどって、いつもなら何時間もかかる準備が通勤時間ですごい濃い内容にしあがって、もちろん学校にもどうどうとした気持ちでついて。

そしたらねえ、今日上司の方に、「どこか海外いってたんですか?」「すごい慣れてましたね〜」ていうてもらえました。
(というかここのスタッフさんよすぎ!!!!)

これ気持ち伝わりますか??そらーーーもううきうきしますよ。

あと気付いたのが、のどがいたくない。
腹式呼吸ちょっとわかってきたんかな?


なのでちょっとしたピンチではありましたがのりきることができて達成感がすごいです。\(^o^)/

わたしはおもいました。
やらなかっただけでできないわけじゃない。
やればできる!(あれどっかできいたな・・・)
というか睡眠不足なんかたいしたことないですね。

マイナスからはじめるとゴールとの差がすごいからこれがやみつきになって結局追い込まれるパターンがなおらんのやとおもう笑

でもこれからのテーマははやめにやる!なのでもうこの体験はしません。笑

というわけでやる気がでたのでがんばりまーす。


よおかいた笑

広告を非表示にする