Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにワーホリ。※ブログ改装中

かこ、いま、いま

早いものでえいごのせんせいになってから2年たちました。
肩書きはせんせいだけど、まだまだ勉強中。

ミクシイほっとんどつかってないのでいい加減アカウント消したいんですが(いらないものはすぐ捨てるタイプ)
なんか自分が書いたものには愛着があるので日記をバックアップしておこうとおもって読み返したら、なつかしいやら、おもしろいやら。
自分でよんでて面白いっていうのもあれですが、当時の思い出とか、しかもほとんど忘れてたのにすっごく鮮やかによみがえってきて、「あ〜そういうこともあったね〜」と思いながら読んでたらね。面白かったよ。

「普通」がいやで、なんかの縁で島にすんじゃったわけなんですが、その選択した自分を結構誇りに思ってる。
自分がすごいっていうわけではなくて、おかげでおもしろい経験させてもらったなあと。

でね〜またライティング欲がわいてきたよ〜(なにそれ)
ていうか、わたし前から書くの全然苦痛じゃなかったね。
さっき書いた、バックアップするっていうてもワードにコピペしただけなんだけど、意外といっぱい書いてたね。
この話はまたあとでまとめよう。

書きたいことが山盛り!(ブログ更新するたびにそうおもう→もっと定期的に書こうと思う→日々に追われる→思い立って書く→ループ)

講師の仕事してると、クラスをひっぱらないといけないので、堂々としてるふりをしてるんですが、(そしてしっかりしているといわれる、ありがたい)
内心ちんちくりんっていうか。
いや、こんだけやってると少しずつわかることもふえてきて、ほんのすこしずつ自信もついてきてるんですけど、だから仕事はいいんだけど、その講師の仮面をはずすとちんちくりんっていうか。
うん、ちんちくりん。


さいきん、パーティとか人の集まりに行く機会があったんだけど、それがほぼ外国人ばっかりで、(友だちの友だちとか)
それがすごく楽しくて、いろんなところから来た人が一緒の場で楽しく過ごす場面がほんとうにわたしはすきで、こういうのいいなあ、って思います。

高校生の時だったかな、外国人観光客のバスガイドになりたいって思ってたことが一時期あって、それはなぜかというと、テレビでそのことをやってたのをみて、そういういろんな人たちの輪の中にいるのがほんとに素敵だなあと思ったのを覚えてる。
個人個人が世界中に友だちをつくることが平和につながると本気で信じている。\(^o^)/

集まる人たちにもよるんだと思うけど、その中で話聞いてて思ったのはみんな教養があるなあって思って。
冗談とか、たわいもない話もするけど、気付いたら政治の話とか科学とかピラミッドの話とかしてて、わたしはひたすらへえーーって聞いてるだけ。
英語力と性格の問題もあるかもしれないけど、聞いてるだけじゃなくて積極的にディスカッションに入れたらかっこいいなあと。
なのでほんとすごい刺激。
ていうかわたし情報かたよってるからな。。。(一人鎖国ともいう笑)

オーストラリアいったときもそうだったけど、わたし外国人コンプレックスなのか?他の国の人達が集まったところにぽつーんってはいると、「わたしなんかしょーもないよね、たいしたことしてないし!」っておもってる自分に気付く。
卑屈 笑
いや、基本どんな人の輪に入ってもそうだ(^q^)
「で、あなたは?最近どう?」とか話ふられると、しどろもどろになる。
わたしのはなしなんかしょーもないよーって。あは。
聞くのは得意。話すのは苦手。
話すのもすきなんだけど。

ちんちくりん、ってこういうときに感じる。
大勢いるときなんかな?

自信ないの。
わたしの友だちは、そんなことないよ、素敵だよ、とか言ってくれるんだけど。
もちろんそれはありがたく受け取るけど。
自信過剰なのもよくないけど。

わたしなんか、っておもってしまうー
これからの課題。
ちんちくりん克服。笑 (なんじゃそら)

広告を非表示にする