Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにワーホリ。※ブログ改装中

単語の覚え方と記憶力のはなし - How I learned vocabulary for Eiken 1st grade -

TEDの記憶力についてのスピーチを見ていて書こうと思った話。

http://www.ted.com/talks/joshua_foer_feats_of_memory_anyone_can_do
“Feats of memory anyone can do – Joshua Foer”

簡単に内容を言うと、記憶力っていうのは持って生まれるものではなく、誰でも習うことができる能力なのだと。

スピーチをしている人はジャーナリストで、アメリカの「記憶力選手権」(記憶力を競う大会)で優勝した人を取材して、その優勝した人は生まれつき記憶力がすごくいいというわけではなく、自分で訓練したということを知り、ならば自分で実験してみようと訓練をして結局優勝してしまった話。(ちなみにその選手権の内容は、意味のない数字の羅列を覚えたり、ランダムなトランプの並び方や、電話帳の人を覚えたりする。その様子は、曰く、試験会場みたいですごくつまらないという笑)

たしかに、一部の天才がそういう大会にでられるのかとわたしも思っていたので、そうではないとしってすごく興味深かったし、使えるなあとおもった。

語学もほとんどいかに記憶できるかだよね。
「単語が覚えられない」ってほんとによく聞くので、これは朗報。


ぜんぶ書いてると長くなるので一部ピックアップ。
・ベイカーの話
同じbakerという単語でも人の名前のBakerを覚えるのと「パンを焼く人」という職業という意味でbakerを覚えるのでは記憶にのこるのが断然後者のほうがのこりやすいという話。単純に「ベイカーさんという人を覚えてください」といわれると、言われた人にとってはその人はなんの意味もなく関係がない人なので、すぐに忘れてしまう。逆に、「この人はbaker(パン屋)です」っていわれると、「ああ、パン屋さんね、白い帽子かぶってて小麦粉がいっぱいついてて、いいにおいするよね、」と自分の知識とリンクさせるので印象に残りやすいんだとか。

・メモリーパレスの話
シャーロックみてたらよく主人公のシャーロックが推理する時にメモリーパレス(記憶している場所)使ってるのを思い出して、わたしは「シャーロックの話だけでなく本当にあるのか!」と思いました。
そのメモリーパレスというのは、頭の中でなにか建物(たとえば自分の家)を想像して、それぞれの場所に記憶にのこるようなものを配置していく、記憶方法。
人間は空間と映像の記憶力はとてつもなくいいらしい。

たとえば、自分がスピーチしようとおもったら一語一句文字通り覚えようとするのではなく、内容を思い出せそうなトピックをイメージに置き換えて(それが変でユニークであればあるほど記憶にのこる)自分のメモリーパレスに置いていく。

「一分間記憶法」という本

で、もうひとつ。
最近のテーマがいかに自分の生徒に単語をおぼえてもらうか、とか成績をあげてもらうか、なので、こんな本も読んでみたんですが。(もちろん自分のためもある)
「一分間記憶法」 石井貴士

たしかに!!って思うこといっぱい。これも一部ピックアップ。
・重要なことは覚える ― 例)好きな子の誕生日とか
・本気で必要だとおもったことは覚える 例)一年間で中国語マスターしたら一億保障されているとわかったら本気でやる
・書いて覚えるのではなく、見て覚える

などなど。他にもいっぱいあるけど!!


―自分が英検1級の単語覚えてた時
自分でも記憶力は悪くないほうだとおもうのですが(その分いらんことばっかり覚えてる。(^q^)
最初から単語に苦戦してたので、自分なりにいろいろ研究したりしてました。

大学生のころにやってたのは、まず市販の英検用単語帳を買って、
それがぜんぶ英→日になっていたのが気に入らなくて、英英にしたく、いちいち単語帳に書いていたら時間がかかるので(タイピング得意だし)、エクセルをつかって単語書いて、一語で置き換えられるときは一語書いて、それがない時は英英辞書ひいて調べて意味を書きこんで。
調べると記憶にのこりやすいかなあと。
そして印刷して切り取ってカテゴリーわけ。(いまかんがえたらエクセルの計算式しってたら必要なかったね(^q^)
で、結局おぼえたのもありましたが作るのだけで時間かかるし、作っただけで満足してしまう。

わたしまめだね〜ていうかひまだね〜笑

そして最近再挑戦した時は、当時やってたのでちらちら覚えてるのもあったのですがやっぱりほとんど忘れてるのでちょっとやり方を変えてみた。

・単語を見て思い出せるように思い出し方のヒントを考える
・意味を覚えるときはイメージがでてきたらよしとする。または別の簡単な英語に置き換えられたらよし(書いてあるとおりの日本語で完璧におぼえない)
・毎日何百個を短時間で見る(書かない)

ということ。
本番の試験でも文の穴埋めだから、意味が想像できたらいいだけだからね。
わたし記憶力よくなったんかな?って思ったくらい、効果があった。
(ちなみに単語の問題は25問中22問正解。勘があたったのもあるけど。)

通勤電車で毎日ひたすらよんでた。
単語帳の、例文ばっかり書いてある方を。

「単語を見て思い出せるように」っていうのは、自分のもともとある知識と記憶をくっつける作業。
たとえば、
覚えようとしている単語 acquisitions 手に入れたもの
は、acquire 手に入れる (もともと知っている単語) の派生語だからこれがつながったらOK。
あとは接頭語、接尾語の意味を覚える。
たとえば commiserate (哀れむ)は、
com- + miserate
com- は「一緒に」
miserate は、misery (惨めさ)から想像 ←MAROON5の歌しってたらすぐ覚える。笑

という感じ。


↑こんな感じ。


最初のスピーチの人も言ってたけど、覚える作業って意外とたのしい。

で、「覚えられない」って言ってる人は、結局「覚えたくない」か「重要だとおもっていない」のどちらかなんじゃないかとおもう。
そもそもやりたくないんだったらやらなくていいのにって思う派です。笑

そんな自分、6月にハングル検定うけますが最近勉強さぼってる。\(^o^)/
仕事が忙しいんじゃなくて、そういう気分じゃないの。



おしまい

広告を非表示にする