Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにAUS出身の彼と移住(ワーホリビザ)。パートナービザ申請準備中。

リア充。

普段自分のためになにかすることはないのですが、今年はちょっとなにかやってみようとおもってパーティを企画してみました。
いやー自分のためになにかするってこっぱずかしい!

最初はピクニックしようとおもってたので、ここ1週間くらい毎日天気予報食い入るようにチェック。笑
前日くらいに雨ってわかったので、ピクニックはあきらめたけど結局ふらなかったしな笑。晴れ女つよ。あは\(^o^)/
とりあえず、カフェに集まって、スパニッシュたべにいくことになりました。
直前まで店きまってなくて、友だち一緒に探してもらってきめるというぐだぐだぶり。笑
でもたまたま、みつけてもらったお店、すごくよかったしおいしくて、友だちが知らない間にケーキを用意してくれて感動しました。
友だちの友だちもよんでくれたので、初めて会う人もいてどうなるかわからなかったけど、みんなすごい楽しくてしゃべってたら時間がすぎるのはあっという間。

その後、久々にバーに行きたいと思っていたので、アイリッシュバーに。そこではライブミュージックをやってることが多く、行ったときもお客さんたちで大賑わいで、音楽もやってたので、みんなでお酒のみながら(わたしはすでにソフトドリンク笑)踊りました。踊るって言っても踊り方しらないから、ほんとに気分のまま、おもしろダンス。笑
ちょっと前の自分だったら、「踊り方しらんし、はずかしいからじっとしてる」ってパターンだったけどね。ミュージシャンと一緒になって歌ってみたり。(というか、叫んだだけ?笑)

その後、ほとんどの人は終電でかえって、のこった友人2人とカラオケいくことに。
朝から仕事しててもう眠くてつかれてたんだけど、めずらしくずっと歌い続けていつの間にか明け方。
今までだったらオールする時ってだいたい3時くらいになったら歌も歌わず、眠ってることがおおいのに笑
ここでも自分の歌のレベルとか気にせず、歌いたい歌をなりきって歌いきった笑
踊ってみたり、ラップしてみたり笑、ガンナムスタイル歌ってみたり、笑、平井堅になりきってみたり、笑
あーーーたのしかった。

わざわざみんなが来てくれたのもうれしかったし、プレゼントもいただいたり、みんな楽しくすごしてくれて、いい空間をつくってくれてほんと感謝。ありがとう。

一昔前は、自分がよく幹事とかやってたんだけど、ある時いやになって最近やることはなかったんだけど、今回やっぱり人をあつめてなんかするのって本当はすきなんだなって気付いた。
いやになったのは、自分がかってにやってたことなのに、「なんでわたしばっかり」ってなったのが原因。
でも今回は、自分のために自分がやりたいから企画したこと。
そのほうが健全だね。

あと、集まった人は出身国がばらばらだったのでやっぱりそういう環境もたのしいなっておもった。
バックグラウンドが違う人が集まって、楽しく時間をすごしているのをみると、平和だなっておもう。

今まで誕生日パーティっていうのは、だれかのために祝ってあげるものって思ってたけど、それだけじゃなくて、自分のために自分で企画するものっていう考え方は、前に親友が教えてくれた。

今月はイベントもりだくさんで、先月までの週末廃人だった自分とはうってかわってリア充。笑
ま、オールした次の日ほど非生産的な日はないね。笑 なにもできない笑
というわけで今日はまたこれからの一週間にそなえて充電しました。
体力的にはつらいけど、精神的にはほんとに満たされた週末。



あ、そういえば朝友だちと電車で帰る時、
疲れてる時ってバックグラウンドで聞こえる言語かなにかわかんなくなることがあって、
歩きながら通りがかった人がしゃべってるのを、「いまの英語?日本語?」「日本語だったよー」って会話してて、同じように駅に入った時に後ろから聞こえてきた会話のことも「どっち?」って聞いてたんだけど、そしたらしばらくしてその後ろでしゃべってた人達2人組が、電車の乗り方を聞くために声をかけてきて(そのときは流暢な日本語だった)、教えてちょっとはなれた後にその2人がしゃべってるのが聞こえて友人が「ドイツ語じゃない?」(その友人もドイツ語勉強してたことがあるらしい)といったので、「Deutsch?」ときくと
「うん、ドイツ語わかるのー?」
すこし、というジェスチャーをすると、
ein bischen? (少し?)
ときかれ、言ってることがちょっとわかって、ドイツ語なんか大学時代に勉強したっきり、ほとんどわすれてしまったけど意外とおぼえてることもあるんだなーとしみじみ。
ちょうどその時わたしたちの乗る電車がきたので、のったんだけど、ふつうにバイバーイ、っていって彼らとわかれ、(チュース、しか思い浮かばなかったのでカジュアルすぎるかとおもい言わなかった。)
乗った後に「アウフヴィダゼーン」だった!って思いだしたのがちょっとばかり名残惜しかった。笑 やっぱり使ってない言葉を思い出すにはタイムラグがある。
2人組の片方がちょっと好みのイケメンだった笑。
(コンタクトとってたから、幻かもしれないが笑)

おわり。

広告を非表示にする