読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにワーホリ。※ブログ改装中

かおほんのはなし。

FBの友人を大幅に減らした。スッキリ。ちょっと前は、普段会えない人の近況がわかっておもしろいなーっておもって昔の知り合いとか、特に仲良くなかったとしてもたくさん追加してたんだけど、最近はそもそもそういう人達ってニュースフィードもみてないし(しばらく前に自分でみれないようにした、あまりにも情報がおおすぎて頭の中が騒がしくて。)、なんのやりとりもないし、ただそこに、自分の輪の中にいる(ような気がしてる)、っていうだけっていうことに気がついた。なんにもコミュニケーションがなくてそこに何の意味があるのだろう。そこまで深く考えてないけど。

誤解されたくないんだけど、たとえ連絡とってなくても、これから久しぶりにあったとしても違和感がなさそうなくらい信頼関係がある人とか、これからも関わっていきたいとか個人的に憧れてるからっていう人とかはもちろんのこってる。あ、消したからといって、関わりたくないわけではない。逆にその相手がどう思うかはもちろんその人の自由。
わたしが選んでるっていう上から目線ではなくって、自分にとってどういう人、だれが大切なのか気付くための作業だった。
というか、そもそもそこに数にはいっているだけってことは相手だって自分のリストからいなくなってることに気付かないはずだし、これからも連絡する可能性はないよね。
機会があったらそのときにまた会うでしょう。一期一会。
――
ほんとうに大切にしたい人、大切にされてる人は、どんなことがあってもわかろうとしてくれるし一方的に誤解してはなれていかない。なにかまちがっちゃったからって、いいほうに想像してくれないんだったらそこまでこだわる必要はない。その時によって、合う人って違うんだから。人が去っていくのはかなしいけどね。いまだにうけいれられないけど。しかたない。関係が戻ったらそれはそれでいい。固執しない。縁があったらつながる。なかったらつながらない。
わたしがほんとうにどうにかしたくてもどうにもならないときだってあるよね、ウン。
拗ねてるわけじゃないよ。

でもほんとFBって便利だしおかげで仲良くなれた人もいるから、いろんな使い方があっていいとおもう。いまのところこういうふうにやってみたけどまたこれから考えもかわるかもしれないし。ただ、わたしはこういうふうに考えるっていうだけ。ピリオド。

広告を非表示にする