読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにワーホリ。※ブログ改装中

はぴはぴ!しんがぽーるレポ。(1)

シンガポールに行ってきましたー。
久しぶりの英語圏。(アジアだけど)何年ぶり(^q^)

そういえばいままでいったことあるところで一番遠くてオーストラリアって、日本から南のほうにだけとか、行動範囲ひろいのかせまいのか。\(^o^)/

以前から気になっていたうわさのシンガポール航空。(評判が良いという意味。)

乗り継ぎのほうが安いんだけど、時間とか考えると結局直行がいいなと。
ていうか最近あちこちでシンガポール行きたいとか行ったって言うひと聞くね。はやってるね。

出勤前に荷造りほぼ終えて、仕事終わって10時に帰ってきてそれからまたすこし準備して5時半起きからの出発。
ていうか荷造りっていってもほとんど持ち物ないから、わたし準備うまいとおもう。笑
帰ってくるときも、帰宅が夜じゃなかったらその日のうちにかばん全部空にして、洗濯もやってしまう。慣れたねー。おほほ。

iTunes festivalがやってたので起きたらちょうどわたしの大好きなMAROON5のライブがオンタイムでみれました。

普段はこれだけ早く起きたら眠くて仕方がないのに、旅行の日だと元気なんだな。不思議。

無事に時間どおり到着して余裕もって空港にもつきましたが、いろいろ買い物してるとあっというまに時間がすぎてなんとチェックイン時間ギリギリでした(^q^)
名前よばれたときはちょうどカウンターに向かってる時だったけどね。びっくりしたー。

ていうか、こっちの空港でなぜか外国人とおもわれて、お店のレジで英語で話しかけられてウケた。笑 日本のお菓子ばっかり買ってたからかな?

時間ギリギリになったのを反省しつつ、無事搭乗しました。
飛行機のるたびに思うけど、パイロットって、こんな大きい乗り物動かしてすごいしかっこいいよね。感動。

飛行時間は6時間でした。我慢できるギリギリの時間ですね。
いつもどおり食っちゃ寝して、ドラマみたりしてたらすぐ到着。
ていうか飛行機でみてた「星から来たあなた」っていう韓国ドラマにはまった。

昼ごはんはチキン。箸で切れるほどやわらかくはないが、まあまあおいしかったよ。

到着後、税関で前の人がけっこう時間かかってたのでそわそわしてたものの、わたしのときはWhat’s the purpose of your visit?でさえ聞かれず準備していた答えも出番なしで数秒でスルー。笑


思ってた通りきれいで広い空港。
両替をして、wifiパスワードをもらって家族とかに連絡して、水を買って移動。
友だちにバスがいいっていわれてたけど、自信なかったので電車で行くことにしました。

ていうかここの電車は飲食禁止なのですが、うっかりやってしまいそうでこわいね。罰金500ドル。
空港から駅にむかうときに、エスカレーターに乗ろうとしたのですが、なんかむっちゃはやくて(ただでさえ乗るの苦手)大きいスーツケースもってるし、タイミングがんばって見計らってたんですが(余計のれなくなるよね)こわくてあきらめて引き返そうとしたら、ちょうど後ろから3人の若者がきてて、(現地人ぽい)「手伝いましょうか?」と英語で話しかけてくれました。一瞬まよったけど、お願いすることに。ありがとう〜と別れようとすると、降りたところにまたさらにエスカレーターがあって、「駅までいくんですか?」と手伝ってくれそうだったけど、エレベーターをみつけたのでそっちつかいますーとお礼をいってわかれました。わたし若干手伝われるの苦手だね。にしても彼らめっちゃやさしい!手伝ってくれた人に聞こえるようにちゃんとありがとうっていいました。

電車のりはじめて一瞬で人の多さに電車を選んだことに後悔しました。が、電車の中でも、ちょっとゆれたときにふらっとしたら、後ろにすわってた青年が、「どうぞ」と席をゆずってくれたー。なんて良い国なんだ。
でも人もいっぱいいたので、わたしは遠慮してしまった(^q^)彼はドアのほうにいってしまったけど。ていうかここで素直にゆずられてすわっとけよわたし(^q^)
とあるブログでよんだけど、こういうときって笑顔でおもいっきり感謝するのがいいんだよー。ことわっちゃったら、せっかく差しのべた手が宙に浮いちゃう感じだもんね。。。あは。

まあそれにしても人がおおい。夕方に乗るもんではないです。。
そういえば、乗換のときにホームで、駅のスタッフのおばちゃんに、わたしが大きいスーツケースをもってたのでエスカレーターじゃなくてエレベーターを使いなさいと言われたようなんだけど、彼女が話してる言葉がまったくわからなくてびっくりした。英語のはずなのに(^q^)

あとカルチャーショックだったのは、乗ってる人が携帯の音を消さずに音ありでゲームしてること。みんながスマホいじってたり、電車でも電話してるのは見慣れてるけど(韓国では電車内でも話すの普通、)音だしてゲームしてる人はあたらしい!笑 その人だけかとおもいきや、けっこう普通なようでそのあとも結構そういう人みました。
おもしろいねー。
逆に、まわりに気を使ってばっかりの日本ってなんだね?まあ、いいところだけど。
とはいいつつ、「ルールを守りましょう」的なポスターとかって、日本だけかと思ってたら、シンガポールの車内でも「音楽のボリュームをさげましょう」とか「まわりの人にあたらないようにリュックは降ろしましょう」とかそういうポスターもみた。

あと、公用語が4つあるらしく、アナウンスも英語だけじゃなくて毎回それぞれの言語が流れるんだけど、いつも「ハピハピ」ってきこえるので”happy happy”?っておもったら、マレー語らしく、berhati-hatiっていってたのがポスターをみてわかった。かわいい。


今回ガイドブック買わなかった(というか空港で買いそびれた)ので、ネットで下調べはしたものの、あまり情報がなくて行き当たりばったりな旅。まあいつもとかわらないが。
(というか最近はガイドブック買ってしまったらそれをなぞるだけなような気がして、どちらかというと買わない。オリジナリティがない。あまり頼らないようにしている。自分の直感で楽しみたい、というか。もちろん参考にするけど。)

今回のテーマはなんだろな。「はっきりさせる」旅か。

はじめて体調不良以外で仕事の休みとったので、ちょっと罪悪感もあったけどいってよかったよ。なんかいろんなことに気付けたし。追々書けたらなとおもいます。
つづく!

広告を非表示にする