Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにワーホリ。※ブログ改装中

媚びたくない。

ちょっと、とあることがあり、思い出したこと。

小学生の頃、(自分の記憶では)一時期荒れていました。( ̄▽ ̄)

参観日。
あの参観日のいつもと違う「よそ行き」の雰囲気がいやで、先生の雰囲気もちがうしなんだかphonyだし。(うそっぽい。)(The Catcher〜なんとかのまね。w)

当時わたしはあまり友だちがいなくて(いたんだけど、クラスではうまく輪にはいれなくてひとりですねてた。)
ひとりでいることが多かった気がする。
そんな頃の参観日。
母親はきてなかったのかな、たしか。
あんまり聞く気がしなくてダラダラ髪をいじってたらしい。
(普段の授業はちゃんと聞く子だったとおもうけど。)
っていうことを「⚪︎⚪︎くんのお母さんからきいたよ」って帰ってから母親に呆れられる始末( ̄▽ ̄)すんません( ̄▽ ̄)

なんだったんだろうね。

あんまり小学生のころとかいい思い出ないから記憶封印してるんだけど、ちょっと覚えてることといえば、
「合わないいじわるな友だちといるくらいだったらひとりでいい」って思ってたな。
だから一人でなんでもできる大人に早くなりたかった。

記憶って変わるからこれもたしかじゃないが、いろいろな友だちグループに入ったり出たりする子を「渡り鳥」とかいってた先生がいた(-_-)わたしのことじゃなかったけど。
いいやんね、自由だし。
-
いまに比べるとなんて難しい生き方をしてたんだろう(´-`).。oO(笑。

だから自分がむりして周りにあわせるとか、媚びるとかほんとはしたくない。
「周りがそうだから」って考えなしに従うのはいや。

おしまい。



広告を非表示にする