Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにワーホリ。※ブログ改装中

2015GW 14. ベルリン初日―乗り物運のなさと、高級チョコレートショップの接客にウケる。

ベルリン初日、優雅な朝。

f:id:lovetheworldyoulive:20150725162459j:image

泊まった部屋は窓が全面についていて街が見渡せてよかったです^^

 

朝食は優雅にホテルのビュッフェにしてみました。

チーズとパン最高。

 f:id:lovetheworldyoulive:20150725162518j:image

 

 

ここで残念なおしらせ。

 

wifiにつないでいたのでメールを受信できたのですが、電車のチケットを購入したサイトから。

なんとちょうどベルリンでストライキがあるらしく、次の日に乗る予定だった電車がキャンセルされるかもとのこと。

 

昨日さんざん遅れてこりごりしてからの、まさかのストライキ。さすがドイツ\(^o^)/笑

しかも、あとでわかったけど規模が歴史的に大きいらしい。このタイミングな。笑

ドイツでの乗り物運ないわ\(^o^)/

 

 

ベルリンのあとは、彼の友人がいるフランクフルトに行く予定で切符も購入済みでした。

払い戻して飛行機にする?

フランクフルトあきらめる?

ベルリンにもう一泊?

さんざん調べて悩みましたが解決せず、

彼の友人にも連絡をしてもらって、

ぐだぐだして

お昼頃やっと街へ出発。(^q^)

 

ただ、よくよく調べてみると、本数が減るとのことで、全部キャンセルではないとのことでした。

 

とりあえずベルリン観光~\(^o^)/

 

一旦駅で様子見に行って、切符変えられるんなら変えよう!と2人で相談し、とりあえず駅に向かうことに。

 

徒歩でベルリン中央駅へ。 

f:id:lovetheworldyoulive:20150725162542j:image

テレビ取材らしき人たちや、払い戻しで並んでるお客さんたちで、わやわや。

彼に、スタッフに聞いてもらったところ、まだ確定ではないが、いくつかは電車が走ってるだろうとのことで、わたしたちが持っている指定席の切符で別の電車に乗ってもいいとのこと。

とりあえずほっ。

安心したところでやっと観光開始。 

地下鉄にのって移動~

まずは、彼の希望で、シンセサイザーを売っているショップが僻地にあるとこのことで、笑 名前すら覚えてない駅に向かいます。

降りてみるとあちこちグラフィティだらけで、うんきれいではなかったよ。

なんかちょっとこわかった。あは

隠れショップ的なところらしく、前もってかなり調べていて場所はわかったのだけど、あいている気配がなく、あきらめる。

というかわたしがびびりすぎでこわかったのでどちらかというとせっついた。笑

そそくさと次の場所へ。(^q^)

 

どこだろうこれ。なんとか門にきてみました。笑

f:id:lovetheworldyoulive:20150725162609j:image 

f:id:lovetheworldyoulive:20150725162841j:image

 

ドイツといえば、やっぱりあの歴史のことなんですが、どうしてもわたしには怖くて博物館に行く気がしなかった。かなり前に見た映画のワンシーンでさえ、ふと思い出して悲しくなるくらいすごく影響をうけてしまう。知ることは大事なんだけど、やっぱり怖い。(ちなみに見たのは「戦場のピアニスト」。まだ見やすいほうかもしれないけど。)

 

それでも、あの博物館に行かなくても、この建物の近くには大きいパネルが置いてあって、写真や文字で歴史のことが説明されていました。わたしみたいな人たちがそういったところを避けても、目に入ってくる。それくらい、ドイツの人たちは過去のあのことをちゃんとオープンにしているんだなあと。ちゃんともういっかい歴史を勉強しよう、本を読もうって思いました。わたしは知らなすぎる。

f:id:lovetheworldyoulive:20150725162650j:image

そしてその近くの公園でおさんぽ。

 広くて緑がいっぱいで素敵。

サイクリストがちょこちょこ通り過ぎて行きました。

 

そしてしばらくして、バスに乗って移動しようとするも、バス停でさんざんまたされた揚句、やっときたと思ったら、とまらずにスルー。

満員だったのでスルーしたらしい。

ほんと乗り物運ない。笑

まあ、この周辺は観光客おおいので仕方ないですね。

とぼとぼ駅まで歩いて行きました。

※ ちなみに切符は一日バス電車乗り放題の切符を購入済み。

 ー

お腹がすいたので、例によってトリップアドバイザーで目星をつけていたカフェへ。

買い方が分からず迷っていると店員さんが気さくに話しかけてくれました。

デリみたいに、サラダカップが並んだ棚があるんですが、

サラダ、トッピングとドレッシングのそれぞれのカップを選んでレジにもっていくとお皿にもりつけてくれます。

2人でスープとサラダにしてちょっとわけわけすることに。

わたしはほとんどスープ食べたけど。

(やっぱり朝食でお腹がまだすいてなかったんだとおもう。笑)

 f:id:lovetheworldyoulive:20150725162725j:imagef:id:lovetheworldyoulive:20150725162736j:image

びっくりするぐらい量が多い!サラダでもこれだけあるとお腹がふくれます。

でも現地の人は普段からこのくらいペロッとたべちゃうんだねえー。

おいしかったです^^駅近!

 

Flamingo Fresh Food Bar (ベルリン) の口コミ・写真・地図 – トリップアドバイザー

 

そして今度はベルリンの壁がある駅に移動。

ついてみて初めて、残っている壁が結構長いことに驚く。

なんか文化なのかしらないが、やっぱりここでもグラフィティ(落書き)が多くて、どこまで作品でどこから落書きなのか、むしろ落書きも含めてアートなのか、見当がつきませんでした。。。\(^o^)/

文字もいろいろ書いてあるものもあるんですが、わからなくて、いろいろ想像してみて、こういうことなのかなあ、とかいろいろ思ったり、何も考えず見てみたり。

 

でも本当に壁で国がわけられていたってわけわからんよね。

 

f:id:lovetheworldyoulive:20150725162821j:image 

 今度はバスで移動して、

有名なチョコレートショップにお土産を買いに。

カフェも併設されているらしい。

 f:id:lovetheworldyoulive:20150725162919j:image

ちょうど閉店時間30分前に駆け込んで、もしかしたら買えないかもと、あきらめ半分で行ったのだけど、そこの店員がめっちゃてきとーでウケた。

 

おみやげにいくつかチョコレートを買ったんだけど、わたしの順番になってすぐに、「袋いる?」って聞かれて(どうみても持ち切れないやろ、って思っても袋はいつも聞かれる。ドイツでは袋なしがデフォルトらしい。)、うんっていったんだけど、

計算しおわったら、また「袋いる?」って同じ事聞かれて、そしてその店員の男子は(若いし男子という勝手な印象 笑)自分が同じことを聞いたのに気付き、「あ、いるって言ってたね」と一人つぶやき、さっさと袋にまとめ、「ありがと、ばいばーい」ってばいばーいって言う頃にはそっぽ向いてるような、はやく終わりたそうな雰囲気で、あまりにもあからさまでウケた。でも終始笑顔で。その後同僚とのおしゃべりが楽しそうだった。

「なんだこのサービスは!」って思うこともできるんだろうけど、わたし海外行く時はぜんぜん期待なんかしてないし、むしろ純粋にこうやって素直に態度にだせるのが、ほんとおもしろい。人間らしいっておもう。

高級ホテルじゃないんだから、サービスなんて期待しちゃだめだよ。(^q^)

それでも日本だったらダ○ソーでさえ、ちょお丁寧な接客されるからびっくりだよね。。わたしは、あまりに値段とサービスが見合ってないと引くほうだけど。ダ○ソーでそこまで丁寧にされなくていいよ。

 

さておき、閉店間際だったけど、無事購入できてよかったです。

チョコレートおいしかったです。

パッケージにはいったやつじゃなくて、ショーウィンドウにはいった、ええチョコレートもおいしそうだった。お店がすっごく広くて、何種類もあるので、迷います。

おすすめです。きっと閉店間際じゃなかったらもっといい接客なのかな。笑

余裕もっていくことをおすすめします。笑

Fassbender & Rausch (ベルリン) の口コミ・写真・地図 – トリップアドバイザー

 

ベルリンつづく!

広告を非表示にする