読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにワーホリ。※ブログ改装中

元気がないときに読みたい本。「ランチのアッコちゃん」

 

 

ランチのアッコちゃん (双葉文庫)

ランチのアッコちゃん (双葉文庫)

 

 かなり前からアマゾンのウィッシュリストに入れてて、本屋さんでまた売れてるらしいと横目でみて思いだし、旅行中に読もうかとついにkindle版購入。

(今まではkindleアプリでやりすごしていたけど、誕生日にkindleもらってから愛用中。^^)

 

1時間半くらいで一気に読みました。

 

失恋した主人公が、会社にいつもお弁当をつくって持って行くのだけど、食欲もなく落ち込んでいる日々。ある日、お弁当を食べそびれたところ、彼女の上司である通称「アッコさん」(某大物歌手に似ているから)が、自分のお弁当をかわりに食べてもいいか聞かれて、差し出すことに。それをきっかけに、1週間、ランチ交換を提案というかほぼ命じられることに。

上司は質素な和食を指定。そのかわりに、普段外でランチをするアッコさんは毎日のメニューが決まっており、場所、注文するメニューまで指定した上でランチ代を提供するという約束。

 

アッコさん行きつけの場所に行くにつれて、いろんな人に出会って、アッコさんのいろんな一面を知って、節約のため外食なんてほぼしたことがなく乗り気じゃなかった主人公が日に日に「今日のメニューはなんだろう」とか、わくわくしていく様子にすごく感情移入しました。

で、失恋したばっかりの頃ってほんとに些細なことでしょーもないことを思い出して、悲しくなるのとか。そうそう、って感じ。

すごく仕事もよくできてクールに見えながらも実は情が厚いアッコさんにわたしは惚れて、わたしがすごく慕っている、とあるトレーナーの先生や、とある年上の友人のイメージを重ねました。一見こわいんだけど、実はやさしい。

知らない間にちゃんと見ていて気にかけてくれているような、それでもそれをあからさまにしない。そんな大人はかっこいいって思います。

ある時、ランチミッションの一環で、主人公が社長と食事をしているときくらいのシーンから、なんだかずっと人のあたたかさに泣いてしまいそうな、心がいっぱいの気持ちでずっと読んでいました。

いろんなおいしそうなランチが出てきて、主人公もだんだん食欲がわいて元気になる様子を見ているようで、こちらも元気になります。

 

最初にアッコ女史に捧げた手づくりのお弁当、褒められていたけど実は元気がなかった味だったとか。落ち込んだ気持ちが料理とか食事にもあらわれるってほんとうそのとおりだな、と。

 

主人公は1週間のランチミッションでいろんな食事をして、いろんなところでいろんな人とその暖かさに出会って、アッコさんの知らない一面を知って、初めてのこともして、それまでは何もやる気が起こらなかったとおもうんだけど、ついに最終日には図書館に行こう、実家の母に会おうとか、視界が開けてきて本当に楽しそうなのが伝わってきました。

元気がないときに読むと自分もつられて元気になりそうな本。

そしておいしい食事をしよう、と思う本。

 

全部で4つのストーリーに分かれていて、最初の主人公は最初の2つにだけ登場するのですが、後半にも時々前半ででてきたキャラクターがちょこっとでたり、ひそかにつながっていてそれにもわくわく。

 

「ゆとりのビアガーデン」もすごくよかった。

ストレスいっぱいの社長と、たった3カ月でやめた仕事もろくに覚えられない「ゆとり教育」の新卒社員の話なんだけど、いっつもピリピリしてなかなかゆとり新人を認めることはできないんだけど、最後にはついに心を開くように。

この社長さんみたいに、全力で否定している対象(ここではゆとり社員)からは実はすごく学ぶことがある。

自分が嫌いな人って実は自分がしたいけどそれを自分自身が自分に禁止していることをなんのためらいもなくやってのける人。

わたしもどちらかというと、この社長みたいに、いつもちゃんとしなきゃって自分で勝手に無駄にピリピリしてたタイプなのですごくよくわかる。

敬語が使えない後輩に引いて距離をおいちゃったり、まわりのことを考えない、てきとーそうな人にイライラしたり。(こういう人って実はてきとーそうに見えてそうじゃなかったりすることもあるって最近学んだけど。)

実は自分がもっとてきとーになりたいんだってことが後になってわかった。

 

こんな感じで両者平行線なんだけど、いろいろあって周りの人がどんどん巻き込まれていくのが楽しかったです。

わたしは「ゆとり社員」結構いいなって思ったな。(そもそも自分だってゆとり教育。笑)

自分の頭で考えないあほのふりしている人って苦手なんだけど。

勉強できるできないじゃなくて、考えない人が苦手。

 

実際にこんな子がいたら仕事やりにくいんだろうけど、笑、わたしだったら目くじらたてずにMind your own business精神(余計なお世話をしない、自分のやるべきことだけを考える精神※若干自分でつくった。笑)でいきたいな。

広告を非表示にする