Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにAUS出身の彼と移住(ワーホリビザ)。パートナービザ申請準備中。

2015GW 15. 夕食を求めさまようベルリン初日後半→フランクフルトに向け出発。

われながらすごい!今回はちゃんと全部かけそう(^q^)笑

いつも読んで下さるかたありがとう。

最近は書きたいこといっぱいあって、暇さえあれば書いています^^

 

前回のつづき。

 

lovetheworldyoulivein.hatenablog.com

 

もくじはコチラ

 

lovetheworldyoulivein.hatenablog.com

 ――

さて、ドイツでは乗り物に見放されてさんざんでしたが、観光はすごく楽しかったです!

ドイツ人はクールなイメージでしたが、結構親切な人多かった^^

 

あの接客がテキトーなチョコレートショップに行ったあと、その周辺を散策。

オーガニック食品ショップを見て回ったりしました。

 

そろそろ晩ごはんどうしようか、と考えながら2人でうろうろ歩いてたんだけど、いいところが見つからず、まだお腹もすいてないので、ホテルに戻って休憩してから夕食にでかけようということに。

 

まだまだ9時ごろまで明るいので遅くても平気ですね。

いいなあーヨーロッパ。ずっと明るくて。

その分冬は落ち込むんだろうけどね。。(^q^)

 f:id:lovetheworldyoulive:20150726011347p:image

この時点で17000歩。よお歩いた~

iphoneでよくわからんけど勝手に歩数測ってくれるアプリがあります。

いまいち機能わからないけど時々みたりする。

 

ホテルから近くで、遅くまであいているレストランを探して、よさそうなところを見つけたのでそこにあとで行くことにして、一旦休憩。

ドイツってお店はやく閉まるって聞いてたけど、やっぱここはベルリンだし、例外かな~よかった、ってのんきに、のんびりしていたのがまちがいだったとあとでわかる。。涙

 

しばらくしてまた外出、目的のレストランはみつけたのですが、

あいていたものの、バーだけがオープンしていて食事はぜんぶおわってしまったとのこと。がーんがーん

すごくおいしそうだったしドイツ料理だったので残念。

泣く泣くあきらめて、その周辺を歩いてみることに。

いくつかレストランはあったのだけど、イタリアンとかで、やっぱりせっかくだからローカルフードが食べたかったのだけどまあおいしそうだからいいか、と妥協して入ってみるものの、どこもかしこもラストオーダー済\(^o^)/

読みが甘かった\(^o^)/

しかたないやね~

と思いつつも、わたしが調べて、わたしが行きたいっていったところだったので、調べ不足ですごく彼に申し訳なかった。

 

日本だったら9時とか10時くらいだったらどこも開いてるし、店が閉まる感覚ってないけど、旅行の時はそうじゃないってことをほんと身をもって体感しました。笑

日本の田舎の開店時間と同じくらい、って思っといたほうがいいかもしれない。

 

あまりにもないので、もうコンビニで何か買って食べる?と相談したりもしましたが、

(ちなみにコンビニでさえ、意外とない。遅くまであいているスーパーが一軒ありました。)

だめもとで歩き続けてみたところ、トルコ料理のファストフードレストラン的な店をはっけん!

 

やっとこさ、食事にありつけました。

 f:id:lovetheworldyoulive:20150726011422j:image

ドイツでまさかのシシケバブ

でもすっごくおいしかった~。

お店が開いているってありがたい。

 

まあ、食べれなくても1食くらい大丈夫だけど。旅行中はこだわりたい。

 

目当てのお店がだめだとわかってプランBもないってわかったときに、彼がぱっと「エーほかにないってどゆこと~!」と言って、わたしは自分の責任だとおもって罪悪感を感じて、「ごめん…」といいつつ、すこしのあいだもやもやしてたんだけど、すぐに、彼もおなかすいてたからぱってそういっちゃった、しかも自分は調べてないし、あなたは何も悪くないよ。本当にごめん。って言って、いつもどおりに戻りました。友人に、ずっと一緒にいてケンカとかしない?って聞かれたけど、いちばん雰囲気がわるくなったのってこの時だけでこの程度。自分もちょっともやってしたらできるだけ勝手に自分を悪く思わないで、感じたことを言うようにしてる。もちろん主語は「わたし」で。「あなたが~」だと責めてるように聞こえるからね。

 

ていうか旅行のたびによく彼をおなかすかせてひどい仕打ちをしている気が(^q^)

わたしは空腹でもけっこう我慢できるからいいけど(機嫌はわるくなるけど慣れた)、一人でいることが人生で長かったので他に一人いるのを忘れてしまう。(^q^)

前は島に久々に旅行したときに「島時間」(何でも早く閉まる)をわすれていて、食べるところがなくて何時間も空腹状態にさせて平謝りした経験が。←学ぼうよわたし(^q^) w

 

それはさておき。

ていうか2人にとって食事って最優先事項ですね。笑

 

無事食事を終え、ホテルに戻り次の日の準備をして就寝。

 

翌日の朝、フランクフルトへ向かう電車に乗る予定でチケットもあったのだけど、ストライキのせいで予約した電車がキャンセルされることがわかり、それより後の電車にのることになったので、予定よりも若干遅めに出発。

というかストライキのおかげで結構理想的な時間。

調べると、最終目的地がフランクフルトの電車を見つけました。(ストライキのためその電車は、それ以降の駅は運転とりやめ。セーフ!ラッキー!)

もともとの電車だったらちょっと朝はやすぎたからね。しかも、たしか時間によって切符の値段も違ったと思います。でも向こうのせいだから追加料金はらわなくていい!\(^o^)/一見わるいことに思えても実はいいことだったりする。

 

この日もいいお天気でした。

チェックアウトを済ませて目当ての電車のホームに向かいました。

荷物を彼に見てもらっているあいだ、わたしが朝食を駅で調達しにいくことに。

かなり駅がひろくて、ホームから若干遠く、出発時間がせまっているので迷いましたが、よさそうなサンドイッチのお店を発見しました。

コーヒーとサンドイッチそれぞれ2つと、ヨーグルトにしたんだけど、もちろん一人じゃ持ち切れないんだけどやっぱりドイツはデフォルト袋なし(袋ないのがあたりまえ)だから、そのままどーんってまとめてカウンターに置かれて、近くの店員さんに紙袋をくださいと話しかけるも、彼女は聞こえたのか聞こえてないのか返事もせず、接客をつづけている。たしかに目があったし聞こえたはずなんだけど。

で、こちらも向こうが接客中っていうのは知ってるから、せかすつもりはなかったけど、袋ぱってとるくらい接客しながらできるからすぐやってくれるかな~って淡い期待していたんだけども、もいっかい別の店員に聞こうか、と思ったところでやっと持ち歩く用の袋くれた。えらい時間かかったな。\(^o^)/笑

ほんまカルチャーショックやわ。笑

 

まあ、無事に持ち帰ることができてホームに戻り、予定通り電車にのってちゃんと空いている席も見つかり、落ち着いて朝食にありつけました。

 

出発して少ししてから車掌さんが切符のチェックしに見回りに来た時、ご丁寧に、ストライキでキャンセルされたわたしたちの切符を見ると、「こことここの席は○○駅から空席になるから、その駅以降はそっちに座ったらいいよ」とまで教えてくれました。すばらしい~

 

いろんなハプニングがあったけど無事たどりつけそうです。

ちなみに、帰りの飛行機はフランクフルト発だったので、最悪出発日までにたどりつけないと死活問題でした。(往路と復路で発着地が違う周遊チケットを購入。)

 f:id:lovetheworldyoulive:20150726011458j:image

電車で食べた朝ごはんすっごくおいしかったです!

ベルリン駅のどこかにあります。笑 おすすめ!やはりこちらも、時間に余裕を持っていってください。笑

 f:id:lovetheworldyoulive:20150726011519j:image

車窓から見えたフォルクスワーゲンの工場。でっか!この写真の部分だけじゃなくてその先も結構建物が続いてました。(°_°)

つづく!

広告を非表示にする