Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにワーホリ。※ブログ改装中

生きていることを常に意識している。

いつも読んでくださってありがとうございます!コメントとかはてなスターとかうれしいし励まされます。書くことがすきで、読んでもらうだけでもうれしいのですが、もし気に入っていただけたならこの上ない喜び\(^o^)/

というわけで、専用のツイッターはじめてみました。(今までつかってたんだけど、一緒にするにはあまりにもパーソナルだししょーもなすぎて別につくった笑)友人以外で、どんな方に読んでもらっているのか知りたいなってちらっと思ったり!

お気軽にフォローしてください:)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月はとくにそうなのかもしれない。いろんな記念日があって、過去の歴史や起こったことについて考えさせられる。なんとなく、世間がそうなのか、わたしが年をとってきたからなのかはわからないけれど、小学生とかくらいのときのほうがもっと強く意識していた気がする。たぶん学校で歴史を習っていたからだね。修学旅行は広島だったし。すごくこわかった。そういえば、子どもの頃はなにも思わなかった気がするのに、大人になってから再び一人旅で訪れて、原爆ドームをみると、あまりの外観に悲しくなったのを覚えている。

 

つねに、生きているっていうことと、それにはいつかおわりがあるっていうことは意識している。自分なりに一生懸命生きているつもり。ありがたく生かされているし、いつなにがおこるかわからない。何かをするときとか迷った時は、その選択をして人生をおえるときに、後悔するかしないかを考える。

もちろん、つねにそう考えているわけじゃないよ。時には、今日とか休みの日みたいに、ダラダラすごして一日を無駄にしたって思うことだってある。でもそれはそれで自分にとって必要。それができるのもありがたい。

 

差し迫った危機があるわけじゃないのに、とくにここのところそれを意識してしまって、こわくなることがある。

でも、最終的に、今に集中しよう、とおもって落ち着く。

広告を非表示にする