読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにワーホリ。※ブログ改装中

島の暮らし方


そういえばこのブログ、わたしが島をでてこっちに帰ってきてからしばらくしてはじめた。
(しかし3ヶ月くらいギャップがあるんだけど何してたんだろう…旅行とかしてたとはいえ。)
はやいもので3年強。
不定期だけどひっそり書いてきた。ここまでよくつづいたな\(^o^)/
時々毎日かいたり。

仕事をやめたときは「5年後にまたくる!!」とか言ってたものの、最近なつかしくなって何回か再訪してるんですが。
向こうにいた時は都会の生活を欲してたんだけど、やっぱりこっちに慣れるとなつかしくなっていろいろ思い出しますね。

島出身ですか?とか聞かれるけどそうじゃなくて疑似ワーホリの、出戻りです。笑

この話になるとなんでそういうことになったんですか?とか聞かれるけど、
昔からずーっと海外でたい欲があって、でもワーホリにも留学にも行く勇気がなくて、(ほんとに行きたくて縁があったんだったらできない理由探すヒマもなくやってたんだろうなあ、っておもう)(ちなみにまだあきらめていない)(しかし今の生活に満足しすぎている\(^o^)/)悩んで悩んで悩みすぎた結果、じゃあ国内ワーホリでもしよう、ということになった笑(こじつけ。)

なんの準備もないまま、とんとんと仕事と住む場所が決まって、赤の他人とシェアハウスすることになって、食べ物もなく、買いに行けるお店もしまってたんだけど、周りの人に助けてもらってなんとかなった。
いまでも一緒にすんでた友だちとは仲が良くて、時々遊びに行ったりします。
その子とも話したりするんだけど、よくこんな生活してたなーと。良い意味でも悪い意味でも。:D

カフェで働いていたのですが、毎朝自転車で山の上までえっちらおっちら20分くらいかけて通勤。春と秋はきもちよかったね〜。海みながら鳥のさえずりが聞こえるところを駆け上っていく。時々虫にびびりながら。
免許なかったので1年間チャリのりこなしてた。何回か、しにかけたけど。w

繁忙期はそうでもなかったけど、閑散期は明るいうちに帰れることもあって、(シフトによるけど)帰ったら家で夕食つくったり。ごはんもちゃんと朝からもりもりたべて(じゃないと山登れないから…w)極力インスタントはたべないようにしてた。忙しいときはお昼はてきとーだったけども。
おなかがすいてもコンビニは島に1件しかないし、家から離れてたししかも10時とかに閉まるので、休みの日は基本食料品買い出し。
しかもそれがけっこう楽しかった。1人で6000円くらいスーパーで買いこむこともあった。w
買い物いかなくて大丈夫な休みの日は、ちょっと都会にでて、(わたしにとっての)都会の象徴スタバでお茶したり、散策したり。
チャリ屋のおっちゃんと仲良くなったり。

テレビは当時もいまもありません。(実家にはあるけど、あまり見ない。)
(あ、でもネットはあった。w)
家をシェアしてたのでご飯どきにはだいたいだれか家にいたんですが、近所の友人が(友人とよんでいいものか、母のような、家族的な人。)よく遊びにきてずっとお話してたりしてすごしました。鍋パ的なものが開かれたり、人がよく集まる家でした。

いろいろ思い出すとなつかしいね〜。
今考えたらまたチャリで山の上に通勤とか、もう無理だけどね。\(^o^)/
当時の仕事もすきでやってたけど、今の仕事もすきだから、完全にかわりたくはないのだけれどちょっと戻ってみたくもなります。

でも虫と、家にでるunwanted guestsはほんとムリ\(^o^)/w
これでもだいぶ耐性ついたけど!

どっちが理想の生活なのかなーって考えたりする。

おわり。

広告を非表示にする