Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにAUS出身の彼と移住(ワーホリビザ)。2017年8月パートナービザ申請。

前者後者論でおもったこと(勝手に)


------------------------------------------------------
☆お知らせ☆
新しいブログはじめました!こちら→ Live to Love
------------------------------------------------------------
前者=計画する、企画する、調べる人
後者=楽しむ人

心屋氏はわたしの心の師匠。(^O^)
本は数冊読んで、ブログ愛読しています。

最近話題になっていた前者後者論、すごくおもしろいなっておもって。(もう完結してたけど)
言葉がちょっと誤解されやすいみたいなんだけど。

ややこしいのが好きな人はよんでみてね(^O^)

わたし、もともと人を観察して分析するのがすきで。

わたしなりに前者後者論でちょっと思ったこと。
たとえば学生のときって、友だち数人あつまると、「飲み会しよう!」「旅行いこう!」ってなることあるけど、正直わたしは、抱え込んで気分が落ち込んだこともあった。「どーせわたしが全部やるんでしょ」って。
でも自分もしたいわけだから、ほおっておくわけにもいかない。でもほっておくと結局自分がぜんぶやってしまう。で、あるとき役割分担しようとしたんだけど、結局うまくいかなかったんだよね。ていうか自分一人でするほうがなんか楽だし。で、たぶん調べたり、物事を進めるのが得意なんだよね。
旅行はとくに綿密には計画しないけど、手配のためには何をするべきかわかる。

「言い出しっぺがやるべき」
ってずっと思ってたからしんどかった。
当時もやもやしてたわたしは、知恵袋とかいろいろ検索してたんだけど 笑、逆の立場の人が「わたしは発案してたのしむのが当たり前じゃないんですか?」みたいに質問してたのをみて「わーそんなふうに思う人がいるのか(°_°)」って目からウロコでした。純粋に異文化だった。

いわゆる「後者」の人は、「〜したい」とはいうけど具体的なプランは前者まかせ。っていうかできる人がやればいい。的な。で、まったく悪気がない。んだと思う。
すごく当てはまる人が数人おもいうかぶんだよねー。(^q^)あは いやみじゃないよ。
もちろんいまはできる人がやればいいっておもってるし、いやだったらやりません。
きっと喜んでもらえたらそれでいいんだろうねー。

最近気づいたけど、お手頃なチケット見つけるのとか、行き方とか調べるの得意なんだよわたし。

いまも母がカニ食べたい、温泉行きたいっておっしゃるので探してるけど、調べる気配ないよね。笑 まあわたしも行きたいし、家族でおでかけなんかなかなかできないから連れて行ってあげたいっておもうの。
ちょっと前は、「調べるくらいできるでしょ」って思ったんだけど、(ええ、親にたいしてもおもいます。)彼女にとっては面倒っていうか思い浮かばないんですよねきっと。わたしにとって調べることはなんでもない、っていうかすぐ調べるし検索する。

自分ができるのが当たり前なことが、人ができないと、驚きを通り越して納得できないんだよね、きっと。

でもいまでは附に落ちた。ほんとに。
だからこの長年のすれ違い。
わたしと母がつかっている表現の仕方とか、特性が違うっていうだけのはなしでした。( ̄▽ ̄)わたしずっとコミュ力ないせいだとおもてたよ。(^q^)

だから、得意な人、やりたい人がやればいい。
わたしは、「ありがとー!」「みつけんのうまいなー!」「おかげでいい旅行だったわー!」って言ってもらえたらそれだけで「えへへ」ってなるよ。
で、「なんでわたしばっかり」って思う人は、やめればいいよ。自分自身を先にかまってあげてね。

おしまい
広告を非表示にする