Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにAUS出身の彼と移住(ワーホリビザ)。パートナービザ申請準備中。

ケチですが、なにか?

うわーうわー。

このあいだこんな記事をかいたけど↓

 

 

lovetheworldyoulivein.hatenablog.com

 

 

心屋さんの本よんでてきづいた。いま。

「やめられたら困る」=「あなたにいてもらわないと困る」

=「あなたは役に立っている」

!!!

がーんがーん。

 

「私がいないとだめなのよ」システムをつくらない

僕もサラリーマンをしていたころは、「自分は役に立っている」という実感に執着していました。

だから、「自分の居場所」「自分だけしか理解できない仕事」というのを、あえてつくっていました。

~(省略)~

「君が会社をやめたら困る」

と、まわりに言われるような存在でいたかったのでしょう。

 

(引用)「いい人」をやめてスッキリする話 -p151, 152

 

 

ええ、ええ、そうおもわれたい。

だいじ、っておもわれたい。

そっかー、そうだったのかー。

まだまだ抜けてないよ。奴隷マインドが。

「わたしだめ」な前提が。

だいぶよくなってきたと思ってただけにショック。

(^q^)

しかたないっすよね~

 

ついさっきも、ひたすらお金の計算してて、わたしっていつもほしい物とかやりたいことがあったら、まずいろいろ計算して、それを買ったりしても大丈夫かどうか、確認してから買う癖があるの。石橋ごつごつたたくの。

でも心の奥底では、「あーみじめだなーこれほんとはやめたいなー」っておもってるの。

もう、その計算したり、悩んだりしてる時間でもっと他のことできるし。とても非建設的。

わかってるけど、これがわたしの安心できる方法。

 

そうしながらいろいろ芋づる式に思いだしてきたことがあって、

わたしそういえばまだまだ存在給ひくいわ。

 

じつは、年金が一部未納になっていて、ちゃんとまともに会社から払ってもらったのって計2年くらい。それ以外の期間って自分で振り込まないといけないから、ほったらかしてて、よく督促状がくる。で、それが来たところで払いたくない。とられる気分がする。もちろん払わないとだめなのはわかってるけど。

それまでなんとかなってきたからそのままでもなんとかなるんじゃないか、っておもったり。

払ったところで将来もらえるかどうかわからないから払わないほうがいいんじゃないか、っておもったり。

 

結局払いましたけどね。

 (大事だから太字にした。)

 

要は損をしたくないっていうだけ。

ケチだね~

ケチだよ~

 

わたしケチですが、なにか。

 

頭の片隅に、「いつかちゃんとしなきゃ~」って思いながらも、忘れたころに督促状がくるんだよ。やっぱりいい気分はしないんだよ。

額をへらしてもらおう、とかもチラって思ったりするんだけど、わたし払えるんだよ。

収入あるんだよ。

へらしてもらえるわけないYO\(^o^)/

ていうか、そうやって申請すると自分の収入をさげることになるじゃんか。自分で「わたしは払えない人間」って認めることになるじゃんか。それもいやなんだよ。

ていうか、それ払ってないくせにふつーにほしい物買ったりとかしてるから自分に矛盾してるともつっこんでるわけだよ。

払えるなら先に払えYO、って政治家さんその他大勢の声がきこえるよ。

 

でもやっぱり手元にのこしておきたい気持ちわかるかい。

 

 

それからね、学生の時の奨学金もコツコツ返してるし。収入はだんだんふえたんだけど、それでもおわれてる感じがする。

 

そもそもわたしはこの人生でボーナスをもらう、という社会人経験がない。

そもそも正社員とか縛られたくなかったから、選んだことなんだけど。

その分、時間あるし。でもそろそろ両方もらってもいいんじゃないか。

 

わたしだってボーナスほしいよ。お給料3カ月分の。

(そんなご時世じゃないかもしれないけどね)

 

いや、ご時世とかかんけいねー。

 

そんなわけで社会保険にもほとんどちゃんとはいってないし、こういうことになるわけ。

 

借金はないけど、根本的なところがまだまだだなーっておもっちゃうね。

いや、まだまだ良くなる余地があるな!

がんばるのやめたんだよ。

さっきの引用したところみたいに、さすがに、「自分にしかわからない複雑な仕事」をつくったりはしてないけど。できないことはしないけど。

 

ていうか、できる自分がすきなんだよわたし。

いろいろできちゃうんだよ。

この程度で、ふつーっておもってたけどもうそんなの関係なくてそういうことにしとくよ。

 

だいたい仕事覚えるのがはやい。

つねにどうやったら効率的にできるか、考えてる。

整理するのがすき。

一人でもくもくと作業できる。集中力がすごい。

パソコンがすき。

まわりがどんな様子か、ひそかによく観察している。

そんなところで自分がはいっていくべきか、いかないべきか判断している。

わからないところを聞くときは事前にまとめてから聞く。ちょこちょこ相手の人の手をとめないように。上司ならよけいそう。(気遣いのつもりで、できるだけわずらわせないようにしてるから、そのせいでほうれん草やってね、ってよくいわれるけど笑)(ほうれん草。)

わたしがやらなくていいことは、あえて、やらない。(電話とるのとか。)

なんでそれをやるべきか、考えてやる。納得できないことは、できるだけ避ける。(やらなくて困らないならやらない。)

 

代講のクラスでも、緊張しないで自分の授業ができるようになった。

アドリブができるようになった。

生徒を笑わせることができる。

「普段はどこで教えてるんですか」「楽しい」、って言われるようになった。(最高の褒めことば。)

じつは教えるのがうまい。

吸収がはやい。

研修で、「ここをこう直したらよくなるんじゃない、」って言われたら結構すぐそのとおりできる。

 

 

もう手放そうか。

認めようか。

 

 

こわいけど。

こわいね~。

お金のことでいつまでもこだわってるの、いやだね~。

貧乏になりたくないよ~。

お金持ちになりたいよ~。

 

 

読んだ本これです。

アマゾンからお駄賃が入るから、買うならぜひここから買ってね。ありがとう。(アフィリエイトに参加しています) 

心屋仁之助の「いい人」をやめてスッキリする話 (王様文庫)

心屋仁之助の「いい人」をやめてスッキリする話 (王様文庫)

 

 

広告を非表示にする