Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにワーホリ。※ブログ改装中

某アートの島で働いていた時のおもいで。

島で働いていたときの先輩Iさん。

ほんとうにやさしくて、いつもにこにこしていて、気さくで素敵な人。

このあいだ、こちらに遊びに来るということで予定がぴったり合って、久しぶりに会ってたくさんおしゃべりしました。たしかわたしがやめてから会えてなかったから、5年ぶり!

 

当時、既卒で入っていろんな人に気にかけてもらってかわいがってもらったんだけど、最初の上司とはなんだか合わなくて、わたしも未熟だったので大変だった。

いまとなったらその人も不器用だっただけなのかもしれないっておもえるけど、当時のわたしには彼女は敵でしかなかった。

 

いまとなってはすべてが笑い話。

 

わたしが一人クローズの日とかに限って、瓶に入った飲み物を大量に発注して、道が悪い中運ぶハメになったり。\(^o^)/(それも何度か)箱に24本くらいはいってるやつを、10ケースとか、ふつーに。おかげで筋力つきましたよね。

あれ、わざとじゃないか、と思ってた人が何人かいた。w それでも健気に運んで筋トレしてましたよね~(^q^)

 

注意の仕方が遠回りで嫌味にきこえて嫌だったなあ~

もともと人に指摘されるのは嫌なせいかもしれないけど。

でも一方で、別のパートの先輩にびしっと注意されるのは「はいごもっとも!」って言う感じで素直に聞き入れられたな。きつくきこえたとしても、正しいし、それ1度で注意したらその後は普通だったし。ていうかその方とおしゃべりするのも楽しかったし。

 

最初は、その上司と、できるだけ距離をちぢめようとがんばっていろいろ話をしようと試みたけどあまり弾まないし、あちらが気分の浮き沈みはげしいから顔色窺うのもつかれた。

自分では気をつけていたつもりの、敬語を注意されたり。。ほんとうにだめだったから指摘されたんだろうけどね。

 

そんなこんなでやがてあきらめて、家にかえってはハウスメイトと大げさに話をしてはネタにするようになりました。(通称)双子の妹にはいつも「さゆりんはえらいね~」と言われ癒され、(笑)Mさんは全部笑いに変換してくれて常に爆笑。そんなわけで、仕事いやいや言いながらも実は楽しんでいたものの、それより上の人は心配してくれていたらしい。ある時お店に電話がかかってきて先輩のIさんが出て、「いまからイェスかノーで答えてください。○○さん(わたし)と(上司)さんはうまくいってないのですか」「はい」「けっこうひどいですか」「はい」「いまそこに(上司)さんはいますか」「はい」

というやりとりがあったらしい笑

これ、今になって初めて聞いて、爆笑。

 

 

ある時、そんなわたしもキレたことがあって、例によって不機嫌でいる上司に、「そんなふうにいられるとこっちも気分わるくなります」(あれ、そんなにはっきりいうたっけ?もしそうだったらだいぶつおいやんワタシw)

とか、別の時には、態度にあきれたので、「気分が悪いのではやめにあがらせていただいてもよろしいですか」といって帰ったったことがある。うそはついてないよ。ほんとうに精神的に気分わるかったもん。w 定時まではちゃんと仕事してたから、そもそも帰っても問題なかったし。笑

わたし結構勇気あるね。わは

 

 

あとは、断片的にいろいろなエピソード。自分でもこんなしょーもないこと、よく覚えてるな~って思うんだけど。

ある時、お店を閉めるときにお金の計算をしてたんだけど何回やっても合わなくて、疲れてイライラしてたし↑のようなこともいろいろあったので、半べそになったわたし。で、すぐ上司に言えばいいものを、こわくていえなくて、Iさんに泣きつくと、「言ってあげようか?」と助けてくれた。笑 結局かわりにやってもらったんだっけ。上司には、ばれたけど、怒られなかった。(^q^)

とある春の日、仕事をやめる、って決心したときに、わたしが連絡したんだったかな?わたしの仕事おわりに、夜だったんだけど、カフェに行ってゆっくり話そうか、となって、島のとある小さなカフェにつれていってもらうことになった。とはいっても、9時か10時にはどこも閉まっているので、このカフェも着いたらもうすぐ閉まる時間だった。でも何度か行ったことがあるお店で、Iさんとオーナーも知り合いだったので最後のお客さんが帰るまでいさせてもらうことになり。Iさんとおしゃべりしながら、ぽつぽつと、他のお客さんも帰って行って結局わたしたち二人だけだったのだけど、いつのまにかオーナーも会話に入って、3人でおしゃべりしているといつのまにか夜中に。

最後、ここまで長居してわるいねー、ということで一緒に片づけを手伝って、そしたら「手伝ってもらってわるいね、ありがとう」ということでケーキとコーヒーをごちそうになり笑(すごい記憶力、さすが食べ物の記憶はしぶとい笑)、朝方、眠かったんだけどさわやかな気分で家に帰って行った。

 

あのときもぜんぜんおしゃべり絶えなかったなー。

 

年もちがうし、仕事の経験もあちらが長いけど、Iさんはぜんぜん先輩ヅラしなくてえらそうじゃなくて、いつでもなんでも受け入れてくれるかんじだった。

 

そのカフェのあとどうしたかもだいたい覚えてるけどね。笑 長くなるのでこのへんにするね。ていうかなんでこんなに覚えてるかっていうとおもしろかったから、っていうのもあるけど、当時ミクシイの日記に書いてたんだよね。で、楽しかったから自分で何回か読み返してたんだよね。友だちに、映画化したほうがいいね、なんて言われつつw

 

ええ、わたし記憶力いいんです。認める。\(^o^)/

 

なつかしー。

やっぱり島すきだな。

AUS行く前にかえるよ!

ていうかこれおもしろすぎるから、ちゃんとまとめて書きたいっていつもおもってるんよ\(^o^)/

 

よく考えたら、英語で書きかけてたブログぜんぜんすすんでない笑\(^o^)/

ちゃんと書きます。。。

 

興味あるかたはこちら→

lovetheworldyoulivein.wordpress.com

 

 f:id:lovetheworldyoulive:20160518005808j:image

Thank you!!

おわり!

広告を非表示にする