読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。2016年8月からワーホリ。

退職しました。そしてホリデー中。

AUSワーホリ ひと しごと 日本 海外

 

 

うわー、もう8月はいって1週間以上たちますね。

無事(?)退職しました。4年とちょっと。わたしにとっては長かった。でも過ぎるのはあっという間。

この4月から出発前はのんびり準備ぼちぼちしながら働いたりしようとおもってたけど気づいたら予定いっぱいいっぱいでびっくり\(^o^)/

8月入ってからやっと、予定がほとんどないうちに市役所の手続きやら、国際免許証の申請やらすませました。。

こんなかんじでオーストラリア行きの準備を並行しつつ、ベトナム旅行の準備も滑り込みセーフってかんじ。空港行きのバスの時間に間に合うように汗だくになりながら走った。。。(一本おくれても大丈夫だったけど。)なんか、いろいろその場しのぎすぎ\(^o^)/

 

なんか、このあいだは仕事の夢を見た気がするけど、もういろいろ心配しなくてもいいし(それでも時々、あれまちがえたなーって反省したりしてる笑、、)休みのおわりがくるのを悲しまなくてもよい。久しぶりー。やっぱりこういう自由なのがよい。で、さんざん自由を味わったら、前みたいに時間の縛りがあるのを恋しがるのかな。

 

ていうか最近おこったいろいろなミラクル。

 

このあいだの出発日当日、フライトが夜の10時だったので、友人とランチに出かけました。(出かけたっていうか、前日がお別れパーティだったから遅くなって外泊して直行っていう笑)

その間、彼は退去したアパートに荷物をとりに。(これが、多すぎて無理すぎて、彼が一人暮らしをしていたので、わたしはお節介しない主義なので、頼まれたこと以外はやってないけど、もっとなにかできたんじゃないかとおもってイライラして大変だった。。。いまはぜんぜん平気だし取り越し苦労っていうことに気がつきました。ちらっと愚痴ったみなさんごめんさい。\(^o^)/そして彼にもイライラしてごめん。wぜんぶ話して、もう問題ないけど。)(ていうか楽観的過ぎて学ぶことありすぎやわ\(^o^)/)

 

話がとんだ。

 

で、二人とも別々の場所にいて、途中であとで合流しようと言ってたものの、具体的な時間は決めてなかった。で、駅のホームにつくと、次にくる電車にちょうど、彼が乗ってることが判明。そのまま同じ電車で合流。

そしてそのままわたしの実家へ。

 

その前日に、前のアパートからうちの実家に荷物を送るように手配してたんだけど、それが結構重いので彼がうちにいる間に受け取りたかったんだけど、こんなふうに出かけてたし不在届けがきてるかもなーと思いつつ、到着してポストを見てみるとまだ来ていない様子。

で、家にはいってちょうど落ち着いたところで荷物がきた\(^o^)/

タイミングよすぎ。

 

のんびりしてたけど思ったより時間がなくなってあわてて空港へ。。。

そして無事チェックイン。

 

そして最後のミラクル。ていうかこれが一番すごい。

台北に夜中到着して9時間乗り継ぎ待ちだったんだけど、うとうとしつつ、フェイスブックにいろいろアップして暇つぶし。ていうかけっこうきつかった。。。

オールだとおもえばなんともないとおもったけど、もうこの年齢でオールとか、むりだわ。w

その日走ったり重いものもったりして疲れ果てていたし。笑

 

長椅子に横になっていると朝になって、目覚めてフェイスブックをみていると、最近カナダに行っていた友人からいま台湾にいるとコメントが。しかも同じ空港にいることが判明\(^o^)/

しかもつぎのフライトまでまだ時間がある!これは会えるな、って確信したね。

そしてゲートもそんなに遠くない。ちなみに彼女は日本に帰る途中!

まだ並んでるときいたので、すこし待ってから探しに行こうと思いつつもわくわくしてあたふたしていると、後ろにその友達がー!!\(^o^)/\(^o^)/

一瞬、日本にいるて錯覚した。

彼に荷物を見てもらってる間、二人でお店に朝食を調達しにいって、3人でゲート近くの待合所で朝ごはんを食べました!!

このあいだ、一緒にごはんたべにいってしばらく会えないなーって話していたところだったのでまた会えるとは思わなくて。めっちゃたのしかったなあ。

その分またバイバイするのはさみしかったけど。

また会える気がする。

 

ここ最近いちばんのサプライズ。

 

いろいろ不思議だなー。

なんか、いろんなところから応援されているような感覚。

ありがとう\(^o^)/

 

ベトナムたのしいよ!これもまた書くことありすぎるからがんばって更新します。笑

 

 

つづく