Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにワーホリ。※ブログ改装中

夢が叶う時

もうすぐ出発です。

 

 

 

の、前に。10日間のベトナム旅行が無事終わりましたー。

大阪に1日滞在したあとすぐに片道切符でオーストラリア入りです。

いろんなことが起こりすぎて目が回る\(^o^)/

 

バイクが大阪の自転車の数よりいっぱいあちこちはしってて、ヘルメットなしとかスマホみながらとか2人乗りとかめちゃくちゃすぎて、信号もあるようでないようなもので(青信号でもとびだしてくるときもあるから信じられない。笑)道をわたるのもびびりまくりだったけど、なぜかうまく回っててなんの問題もない。むしろ危ないっておもってるのはわたしだけなのかなっておもった\(^o^)/逆に、交差点ではバイクたちは周りをよく見てるような感じもする。もしかしたら、たまたま見ていないだけで事故もあるのかもしれないけど。これだけめちゃくちゃだったら一回くらい目撃しそうだけど、いろいろ完璧に動いてた。

ホイアンっていう、ダナン空港から車で1時間くらいの小さい街(とはいえ、リゾート地で日本人もけっこういた。)に、宿泊してたところで自転車借りて街にでたんだけどそのときが一番こわくてストレスMAX!

一緒に道路をわたるときとかにびびってると、彼はよくThey know what they are doing.(彼らは何をしてるかわかってる;よく状況を把握している)といった。

 

 

小津安二郎の映画「東京物語」をホテルでみたのだけど、今回は初めて夢中になってみた。昔、学生のときに途中まで見た記憶があるんだけど、つまらなくて途中で寝てしまった気がする。

1950年頃の映画で、白黒で平凡な映画なんだけど、シンプルな分、いろんな風に読み取れる気がして。大人になったってことかなあ。彼が映画に詳しいので撮影方法とかも聞いたりしながらだったから一人で見るより興味深かった。

 

東京暮らししている息子娘たちに田舎の両親が会いにはるばる訪れるっていう話なんだけど、当時の人って尾道から東京に旅行に行くだけで一大事だったんだなーって思うと、そのときに比べると世界ってだんだんせまくなってるのかなっておもったり。

今の時代に生きられるってありがたい。

 

なんかまとまらないけど、また旅行記かきます。

かくことおおすぎ。

仕事の話もかきたいんだよ\(^o^)/

 

つづく

 

広告を非表示にする