Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにAUS出身の彼と移住(ワーホリビザ)。2017年8月パートナービザ申請。

カフェでオーダー取りながら学んだ注文するときの英語の話し方


------------------------------------------------------
☆お知らせ☆
新しいブログはじめました!こちら→ Live to Love
------------------------------------------------------------

 

英語に慣れないうちは注文するのもとまどったのを覚えてる。なんていうか迷うよね。

単純に、〜pleaseだけでもいいんだけど。

シティのカフェでたった数時間で何十人もの注文を聞くうちに、いろいろ注文するときの言い方があるってわかった。

Can I have…?は定番。

Can I grab…?はなんか若い人むけなかんじ。

マダムとか、育ちがいい人そうだと、Could I have…?とかMay I…?とかつかってる。丁寧に聞かれるとこっちも丁寧に、「もちろんでございます」とか言いたくなる。

こないだはじめて聞いたのは、Can I actually get…?っていうやつ。

注文を変更したわけではないのに、いきなりactuallyってなんだ笑

頭の中で考えてたってことかな笑。(いや、わたしが知らないだけでふつうかもしれないのでまた確認してみます。)

 

ややこしい注文をする人は、そのまま書けば済むように略字で教えてくれるのでたすかる。「DWLBで、下にcmって書いてね」とか。(ちなみにデカフェ、弱め、ロングブラックの意味。あとで冷たいミルク追加。cmはcold milkの略)そんな言い方する人いないからもうお客さん覚えたよ。笑\(^o^)/

みんなこうやっていうてくれたら間違えずにすむけどね。

 

あとこっちで初めて知ったのは、あらかじめ砂糖もいれといてもらえる。

あとで自分でカップのフタ開けて混ぜるの面倒だもんねー。

コーヒー作るときに、ミルクマグに砂糖入れたり、カップのエスプレッソに混ぜたりしてつくってるよ。

I’ll have a CAP with 2.っていわれたり、with 2 sugarsっていわれたり。

CAPはカプチーノ、sugarは不可算名詞だけど、スプーン2杯の意味でsugarsっていう。

 

 

だいぶ慣れてきたので、ちょっとくらいならややこしくてもだいたい正しくオーダーを通せるんだけど、自分でもびっくりするくらいめちゃくちゃシンプルな注文でも聞き間違えたりする。

1杯っていうてるのに2杯とおもったりとか、ふつうの砂糖なのに、rawってきこえたりとか。(raw sugar : 黒砂糖のこと)

こないだは、いつもくるお姉さんがソイカプチーノを注文して、そのあとにsmoothieといったので、いまとなればふつうのスムージーってわかるんだけど、なぜかコーヒーの注文とくっつけちゃって、「なめらかな」って意味だと思い込んでsmoothieってふたに書いちゃったのね 爆笑

まだ知らないこともいっぱいあるしバリスタにきけばなんのことかわかるだろう、とおもって、ちょっと席をはずしていたバリスタに見せると「??」という反応。

すぐに、「あーースムージーね!!」とやっと理解。

ほんとに不思議。。まじわらえた笑

お姉さんも値段安いのになんもいわないんだもんw (本当ならコーヒーとスムージーの分でもっと高いはずなのに)

 

仕方ないっすよね〜、ネイティブじゃないし。笑

広告を非表示にする