Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにAUS出身の彼と移住(ワーホリビザ)。2017年8月パートナービザ申請。

ワーホリの人必見☆カフェで働くときに使う英語!


------------------------------------------------------
☆お知らせ☆
新しいブログはじめました!こちら→ Live to Love
------------------------------------------------------------

前に、お客さんが注文するときなんていうかなどについて書きましたが、今回は働いている人が話す英語について書こうとおもいます!

 

lovetheworldyoulivein.hatenablog.com

 

オージーの同僚と働くこともあるのでどういう言い方してるかたまに注意して聞いてます。

※ここにある英語表現はネイティブにダブルチェック済み。

 

基本教科書にでてくるようなちゃんとした文では話さないと思います。

 

「あたためますか?」

Would you like it warmed up? / toasted?

 

「そのままでいいです」

As it is. / As is.

(※イケアの売れ残りとかのコーナーにAs-isってかいてあるのは、売り場に出ている商品をそのままの状態で売りますっていうこと。在庫なしなので安いのね。)

 

*支払いの時

「別々に払いますか?」

(Would you like to) pay separately?

 

「一緒ですか?」

(Would you like to) pay together?

Are you paying together? と、確認のために聞いたりも。

 

 

ちなみにいろいろ商品を購入して最後に「合計〜ドルです」っていうときも、

“That’s 20 dollars altogether.”っていったりする。

(そういえばThat’ll be….って習ったけど、今の所あんまり聞かない笑)

 

*忙しい時

列ができていてレジにいて、次の人を呼びたい時、単純に

Next, please!っていうのもあるんだけど、

Next waiting please!ともよく聞く。

 

カフェのキッチンの中とかで、誰か忙しく作業している人の後ろを通る時、

「通りまーす!」とかいうかな。日本語なら。

英語なら、”behind!”っていいます。

何か集中してると意外と気づかなくてぶつかって危ないからとりあえず声だしときましょう。

わたしはシティのカフェでバリスタの近くとおるときによくbehind!っていいます。

忙しい時はひたすらコーヒーつくってて集中してるから危ないらしい。すごい。

 

 

ちなみにこのbehind!っていうのは”Hell’s Kitchen” というリアリティ番組で知りました。

言葉遣いがきれいじゃないのでぜんぶまねするのはおすすめしないですが、こういう場面で使う英語ってどんなんだろうって知りたい時は勉強になります。

とくに飲食業の人はおすすめ。なんか奮い立たされます。笑 

 

*料理

 

半熟

runny eggs

(これと関連付けるの汚い感じするけど、鼻水のことrunny noseっていうよね。笑)

 

よく焼いた状態で

well-done

 

バター別添えで

butter on the side

 

 

また思いついたら追加しまーす。

広告を非表示にする