Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにAUS出身の彼と移住(ワーホリビザ)。2017年8月パートナービザ申請。

海外のカフェで働いて同僚にイラっとしたこと


------------------------------------------------------
☆お知らせ☆
新しいブログはじめました!こちら→ Live to Love
------------------------------------------------------------

きのうのつづき。

わたしがみみちいやつだってばれるので読まなくてもいいです。笑

 

lovetheworldyoulivein.hatenablog.com

 

同僚の、ちょっと天然なかんじのRちゃん。

彼女の行動が自分の予想のはるか斜め上なので、多々びっくり。

海外で働くってこういうことかーって、自分の中でまとめた。笑 いい経験してます\(^o^)/あは

前回の記事で、一緒に仕事してて彼女にイラっとすることがけっこうあったけどやっと言えるようになったよ!って書きました。

 

 

で、どんなことにイラッとしてたかって?

・オーダー票(POSで入力すると機械でプリントされる)に手書きで変更のメモを急いで雑にかく(自分であとでみてもわかるの?ってくらい雑だった。「ごめんそれ読めない」っていったらちゃんと書きなおしてくれた。)

 

・キッチン(わたしが使ってるエリア)にもの(ふきんとか)を置いて、違うことすると(お客さんきたりとか)わすれてそのまま。書いててめっちゃ細か!っておもうけど、自分が使う場所に勝手にものをおかれて、そのままわすれられて、わたしが結局どかして、っていうのが何回か続くと地味にイラっとするよ。で、言えばいいんだけど、言うほどでもない小さいことなので余計自分にイラっとする。笑

 

・極め付けはこれ。危ないので、しかもお店せまいので後ろをとおるときはお互い”behind”(後ろにいます、通るよっていう意味)っていうことになってるのですが、何度注意しても、スッって通る彼女。わたしが気づいてるときはいいけど、本当にあぶないのはわたしがつくるのに集中しててぱってふりかえったら彼女がコーヒー運ぶ途中だった、とか。向こうができないならこっちが気をつけるしかないとおもって、料理しながらも全身に気を張り巡らせて(大げさ)ふりかえるときも確認してからしてたけどそういうこともしらずしれっと通ってヒヤッとすることにイラつくこと多々。あるとき本当に危ないときがあって、「いまのほんとにあぶなかったよ!」って怒った。いままで我慢してたのでそれが言えた自分にすごくすっきりした。笑

(まあね、彼女はコーヒー運ぶのに集中してるから仕方ないんだとおもうけどね。。)

ここまでくるまでにちゃんと理由付きで説明する、自分が気をつける、とかいろいろ努力しましたよ、ええ。いまでも言ったり言わなかったり、忙しい時にこそいちばん気をつけたほうがいいのに無言であっちきたりこっちきたりするのでもうあきらめた笑 自分が忙しいのにぼぉーっと他のことに気を取られて、真ん中で立ち止まられるとまじでイラっとする笑

 

 

まあ、言いたいときはいえるからもういいんだけどね。大事なことはちゃんと直接いってます。(すぐ忘れられるけど)

わたしの後ろをスッって通る件、マネジャーも知ってるけど、彼もいろいろあきらめてる。忙しい時に料理しながら(Rちゃんが何度注意しても無言でいったりきたりするので)「これぜったいいつか事故おきるよ(でもしらないよ)」なんてマネジャーにこぼすと、「(危なくない程度に)わざとぶつかっておしえてあげるしかないよ!」なんて冗談で言う始末。半年も働いてるのに、いまだにいろいろ間違えたり、教えることがあるらしい・・・

なんていうか、常識がない・・・「わざわざこんなこと言わなくても、知ってるでしょう」って思うようなこと。

 

・製氷機から氷をだすときに床におとして、気づかずほったらかし

(ふんですべりそうだったので、「危ないから使った後は床チェックしてね」というと、注意してくれるようになった)(で、床におちた氷をひろってくれたのはいいけどなぜかゴミ箱にすてた。謎。笑)

・毎朝つくってるコールドプレスジュース、古くなったら処分するという概念がないらしく冷蔵庫にいれたまま(結局、別の同僚Dちゃんが別の日にきたときに気づく)

 

まあとにかくほんとうに言われたことしかしない。\(^o^)/

もちろん悪気はない。

 

逆に言うとわたしがいろいろ気にするタイプっていうだけの話ですね。

 

こういう人に出会うと、

「あーわたしまた見張ってる、ひまだな!」

「わたしっていろいろ気付くほうなんだな」

っておもったり。

 

 

 

 

 

 

おわり