Love the world you live in.

自分の世界を愛そう!がテーマ。食べもの、旅行、ひと。島暮らし、英会話講師を経て2016年8月からシドニーにAUS出身の彼と移住(ワーホリビザ)。パートナービザ申請準備中。

いまはなぜか、「仕事がはやい、できる」で通ってるわたしが過去はトロくてめっちゃ怒られてたという話(2)終

またまた昨日のつづきです。

 

lovetheworldyoulivein.hatenablog.com

 

高校・大学時代は、塾講師といくつかの飲食店でのバイトを経験して、同僚・先輩・上司たちからいろいろ学んだことでなんとなく動き方がわかってきました。

(でも気の利いた接客はまだまだだけどねー、島のおかん*1には到底かなわない。)

 

 

 

 

f:id:lovetheworldyoulive:20160706153315j:plain

 

大学卒業後、シューカツに嫌気がさしたので途中で就職活動をあきらめ、仕事がきまらぬままニートに。笑 (いまでは笑えるけど自分でもすごいな、っておもう、いろんな意味で)(そんな自分でもいまはやりたいことができて海外生活できてます、日本でもちゃんと仕事したし笑、大丈夫!)

ふと思いつきでアートで有名な直島の求人に応募しようとおもい、住み込みで働くことに。配属先はカフェ。

繁忙期はめちゃくちゃ忙しくてよく泣いてましたが笑、ここでもたくさん学びました。

最初はちょっとこわかったパートの先輩にいろいろ教えてもらってさらにレベルアップ\(^o^)/

レストランとは比べものにならないかもしれないけど、それでも返ってきたお皿でシンクがあふれてて、閉店後一人で片付けてたのもいい思い出。その時いかにはやく片付けるかばっかり考えていて、終わった後の達成感がすごかった。いまでも大量のお皿洗いは苦ではありません。手が荒れるのと腰がいたくなるので、あえてやりたいっていうわけではないけど。

 

f:id:lovetheworldyoulive:20160707164823j:plain

 

気をつけていることは

・極力無駄をなくす、常に効率よく 

お皿の裏まできれいに洗う必要はない(よっぽど汚れているときは別)、室内で干すのに洗濯バサミいる?、動線をかんがえる、何度も同じところを行ったり来たりしない、どうしたら1回で2個以上のタスクができるか考える、お皿をかたづけるときはまとめて、整理整頓、あとでまとめて片付けるよりは、どれだけ忙しくてもすぐその都度かたづける

・待たない。優先順位をかんがえる。

何かをしている間に他の作業ができないかどうか考える。食洗機に時間がかかるならさっとお皿をぜんぶ食洗機にいれて、終わるまでに他のお皿を洗うとか、他の作業をする。

・後まわしにしない。

最初は、使ったあとのお皿や食材とか、あとでまとめてかたずければいいや、って思ってたけど都度すぐ片付けるほうが効率がいいらしい。スペースもあけておく。

・視野を広く。

たとえ皿洗いしていても意識は外。お客さんがきてないか、料理やドリンクができていないか様子を見る、もうすぐできそうならすぐ動けるように、

お客さんのお水減っていないか、呼びたそうにしている人がいないかどうか、空いた食器があるか、テーブルの調味料などが減っていないか

・これはちょっとまた別だけど、お客さんが質問した本当の意図をちゃんと汲み取る。

まえに、失敗したことがあって、こっち(シドニー)のカフェでオールラウンダー(調理、接客など全部する人のこと)やってたときにお客さんに「この店何時まであいてる?」の質問に文字通りこたえちゃって、あとでキッチン閉めた後にその人がまた戻ってきてフードを注文したかったことがわかってがっかりさせてしまい、「あっちゃー」とおもったことが。

もちろん何時まで店が開いているかしか聞かれなかったから仕方ないかもしれないけど、あとで考えると「3時くらいにはキッチン閉めるけど、お店はだいたい5時までで、ドリンク類は提供できるよ」くらい気を利かせて言いたかったなーと。

 

ま、そんな相手の状況まで聞いてないし仕方ないか。\(^o^)/笑

 

 

その後は実家に帰り、英会話講師の仕事につきました。

講師だけではなくオフィスワークもやることに。

明らかに向いていない(笑)会社勤めでどうなるかとおもいましたが、(なぜなら空気をよみたくない、人にいろいろ指示されたくない性格 笑)同僚たちのおかげでいろいろ乗り越えられました。(今でも結束力の強い仲間であり、友人たちです。)

イデアを出すのに苦戦していてとても時間がかかっていたのですが、そのことを上司に指摘され、行き詰まったらすぐ同僚や上司に相談することを意識するようになりました。

で、もともとパソコンが好きだったわたしはここでの仕事を始めてしばらくたったあとに能力が開花。笑 (自分で言う)

いかにサボるか効率よくするか、もっとできるようになりたい!と常に思っていたので作業しながら「どうやったら早くなるか?」を考えつつ仕事以外の時間にgoogle検索したり、ジュンク堂でパソコンコーナーの本を見たりしてワードやエクセルの技を少しずつ習得。

だんだんと、先輩や上司にほめられるようになりました。

わたしが習得した技(笑)を同僚たちとシェアするのもたのしかった。みんながもっと楽にできたらいいなっておもって。

 

その後、流れでちがう部署でちょっとの間勤務することに。それまでに覚えた技を駆使しつつ、作業量がとんでもない量だったので(逆に燃える)、頭の中は常に「いかにサボるか効率よくこなすか。」作業しながら「こういうことできないのかな?」と気になり、調べて、やってみるということの繰り返し。あと一緒に働いてた人たちにも、もちろんたくさん聞きましたけどね。

認められたいって気持ちもあったかもしれないけど、やってて楽しかったのでこれができたんだとおもう。

で、だんだんとまわりの人たちに「できる人」扱いされるようになり、ちょっとややこしいタスクも与えられるという。

指示された通りやりつつも、もっとはやくおわらせたかったので新しいやり方を調べてためしてみるとこれがうまくいって上司におどろかれる。

もしかしたら、周りの人たちがやたら褒め上手でうまくころがされていただけかもしれませんが笑 いやいや、そうは思いたくないし、自分でもできるほうって思うようになった笑 自分にとっては快挙です。

あと、自分はすごいっておもうようにしてた。笑 すごいことにする、根拠はないけど。事実はどうであれ。数年前に、ふと、きめて、そこからだんだん良くなった気がします。自分の意識がかわるとまわりもかわる。ていうか「自分がなにやってもだめ」って思い込んでたら調べたり、うまくなろうなんておもわないもんね。

 

それで今、シドニーにきてなぜか小さいカフェのシェフに落ち着きましたが、いまはほとんど任されていてとやかくいわれることはありません。(まあいわれたとしても、言い返す「こういう理由でこれをやっている」といえる)

昨日から振り返ってみたけど変わったなー。

途中で思い出にむかついたけど、思い出してみてよかった。笑 過去の自分、good job。

 

 

おもったよりながくなった。

そんなわけで、「すきなことをやる」「常に考える」「自分はすごいことにする」はきっと効きます。(まとまったのか?)

まだまだレベルアップ目指して。

 

 

おしまい

f:id:lovetheworldyoulive:20170806175914p:plain

 

*過去記事*

lovetheworldyoulivein.hatenablog.com

 

 

lovetheworldyoulivein.hatenablog.com

 

 

lovetheworldyoulivein.hatenablog.com

 

*1:直島で働いてたときに知り合ったご近所さんだけど、友人であり二番目のお母さんのような存在。接客のプロとおもってる。